フラワー エッセンシャル モイスチャライザー

フラワー エッセンシャル モイスチャライザーの全成分表示の見方

今回はフラワー エッセンシャル モイスチャライザーの全成分表示の見方について書いていきます。

フラワー エッセンシャル モイスチャライザーの全成分表示の見方

フラワー エッセンシャル モイスチャライザーの全成分表示は以下の通りです。

水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルプロパンジオール、グリセリンヒマワリ種子油、チャ種子油ペンチレングリコールシア脂、キャンデリラロウナイアシンアミド水添パーム核油ベタインオクチルドデカノール、カプリル酸ソルビタン、オリーブ油脂肪酸セテアリル、ホスファチジルコリンマカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、マンゴー種子脂、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、マンニトール、キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、パンテノール、ツバキ花エキス、スクワラン、ツバキ種子エキス、オリーブ果実油、アデノシン、ツバキ種子油、トコフェロール、ビサボロール、カニナバラ果実油、ローズ油マツリカ花エキス

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

フラワー エッセンシャル モイスチャライザーは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合された乳液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ナイアシンアミド:保湿(セラミド合成促進)、美白、抗老化(コラーゲン合成促進)

カプリル酸ソルビタン、オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン:乳化剤

キサンタンガム:増粘剤

ツバキ花エキス、ツバキ種子エキス:抗酸化

アデノシン:血行促進、シワ改善

トコフェロール:酸化防止剤

ビサボロール:抗炎症、炎症治癒

マツリカ花エキス:保湿、抗炎症、抗酸化