ファンゴ ヘッドクレンズ spa

ファンゴ ヘッドクレンズ SPAの全成分表示の見方

今回はファンゴ ヘッドクレンズ SPAの全成分表示の見方について書いていきます。

ファンゴ ヘッドクレンズ SPAの全成分表示の見方

ファンゴ ヘッドクレンズ SPAの全成分表示は以下の通りです。

水、PGセテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ベヘントリモニウムクロリドグリセリン、アッケシソウエキス、オイスターエキス、ショウガ根エキス、ダイズ種子エキス、トコフェロール、ヒバマタエキス、ホノライト、マコンブエキス、ラベンダー油、温泉水、海水、腐植土抽出物、BG、EDTA-2Na、イソプロパノール、エタノール、オリーブ脂肪酸エチルコレステロールジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、ステアリン酸グリセリル、トリラウレス-4リン酸、ポリソルベート80、メントール、合成金雲母、水添パーム油、水添ポリイソブテン、水添ヤシ油、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、酸化鉄

  のマーカー:カチオン界面活性剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分(主にコーティング剤としての役割)
アッケシソウエキス以下の成分は配合率1%以下の成分であると考えられます。

カチオン界面活性剤は  のマーカーで示した成分です。

カチオン界面活性剤が配合されていることでマイナスに帯電した髪にトリートメントが吸着し、髪を補修することができます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

オリーブ脂肪酸エチル:CMC(細胞膜複合体)補修成分

CMC(細胞膜複合体)はキューティクル同士やキューティクルとコルテックを接着することで、髪の水分やタンパク質を保持する役割があります。

ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート::帯電防止、ヘアコンディショニング剤

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が髪の水分と結合することで水分の流出を防ぎ、髪の乾燥を防止することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にコーティング剤としての役割があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル:乳化剤、洗浄剤

トコフェロール:酸化防止剤

ヒバマタエキス:ターンオーバー促進、美白、保湿

ホノライト:汚れ吸着剤

ラベンダー油:香料

腐植土抽出物:汚れ吸着剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

イソプロパノール、エタノール:溶剤

ステアリン酸グリセリル、トリラウレス-4リン酸、ポリソルベート80:乳化剤

メントール:冷涼感付与

合成金雲母:着色剤

フェノキシエタノール、メチルパラベン:防腐剤

酸化鉄:着色剤