アルティモイストセラム

エトヴォス アルティモイストセラムの全成分表示の見方

今回はエトヴォス アルティモイストセラムの全成分表示の見方について書いていきます。

エトヴォス アルティモイストセラムの全成分表示の見方

エトヴォス アルティモイストセラムの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、ラベンダー花水、ナイアシンアミド、BG、1,2-ヘキサンジオールセラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、ナツメ果実エキス、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、フェニルアラニン、リシンHCl、ヒスチジンHCl、アラントイン、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキスシア脂、スクワラン、メドウフォーム油、ホホバ種子油アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、コレステロール、フィトステロールズ、フィトスフィンゴシン、ベヘニルアルコールパンテノール、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ステアロイルラクチレートNa、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ラベンダー油、水酸化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。
エトヴォス アルティモイストセラムは1本で美容液、乳液の役割があります。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が水と結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

エトヴォス アルティモイストセラムは保湿成分を多く配合しており、かなり保湿効果の高い化粧品だと考えられます。

小じわは主に表皮の乾燥が原因であるため、表皮を保湿することで小じわを防止することができます。

また、乾燥により肌のキメが乱れると、肌の表面が凸凹になり光が乱反射することでくすみに繋がります。

エトヴォス アルティモイストセラムは保湿成分を多く配合しているため、乾燥による肌のキメの乱れを防止するのに役立つ化粧品だと考えられます。

エイジングケアによる肌トラブルの予防という記事で詳しく書いていますが、加齢によってコラーゲン繊維が減少すると深いシワやたるみに繋がります。

エトヴォス アルティモイストセラムはナイアシンアミド(コラーゲン合成促進作用)の配合率が高いことから、シワ、たるみの予防に役立つ化粧品だと考えられます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ラベンダー花水:抗炎症、抗菌、皮脂調整

ナイアシンアミド:保湿(セラミド合成促進)、美白、抗シワ(コラーゲン合成促進)

アラントイン:抗炎症

ローマカミツレ花エキス:保湿、抗糖化
トウキンセンカ花エキス:保湿、血行促進、抗炎症、抗菌
ヤグルマギク花エキス:保湿、抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)
カミツレ花エキス:保湿、抗老化、肌荒れ防止、収れん(肌を引き締める効果)
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス:保湿、抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)
フユボダイジュ花エキス:保湿、抗炎症
コレステロール、フィトステロールズ、フィトスフィンゴシン:セラミドの安定化
キサンタンガム、カルボマー:増粘剤
水添レシチン、ステアロイルラクチレートNa、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa:乳化剤、可溶化剤(水に溶けにくい物質を溶解する)目的
ラベンダー油:香料
水酸化Na:pH調整剤、中和剤
EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)
フェノキシエタノール:防腐剤
>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG