髪がうるおう精油シャンプー

髪がうるおう精油シャンプーの全成分表示の見方

今回は髪がうるおう精油シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

髪がうるおう精油シャンプーの全成分表示の見方

髪がうるおう精油シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、ラウロイルメチルアラニンNa、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ラウリルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルサルコシンNa、ココイルメチルタウリンNa、コカミドMEA加水分解エンドウタンパク、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、加水分解ダイズタンパク、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ゼイン、パンテノール、イノシトール、ヒポファエラムノイデス果実エキス、チャ葉エキス、テンチャエキス、ビワ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ユズ果実エキス、加水分解酵母エキス、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、ホホバ種子油、シア脂、バオバブ種子油、PCA-Na、PCA、ココイルアルギニンエチルPCA、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ポリクオタニウム-10塩化Na、乳酸Na、ポリソルベート20、PEG-3コカミド、ジステアリン酸PEG-150、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、DPG、BG、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、カラメル、香料

洗浄力:中の中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:増泡剤、増粘剤、起泡剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ラウロイルメチルアラニンNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤):髪がうるおう精油シャンプーの主な洗浄成分

スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na(スルホコハク酸系アニオン界面活性剤):髪がうるおう精油シャンプーの主な洗浄成分

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。

ラウラミドDEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤の起泡力、洗浄力の向上。増粘剤、可溶化剤

ラウリルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、泡質、粘度の向上。

コカミドメチルMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘。

ココイルサルコシンNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤):髪がうるおう精油シャンプーの主な洗浄成分

ココイルメチルタウリンNa(タウリン系アニオン界面活性剤):髪がうるおう精油シャンプーの主な洗浄成分

コカミドMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤の起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘剤

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>スルホコハク酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

髪がうるおう精油シャンプーの主な洗浄成分はアミノ酸系アニオン界面活性剤、スルホコハク酸系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン界面活性剤、タウリン系アニオン界面活性剤であることから洗浄力は中の中程度だと考えられます。

増泡剤、増粘剤、起泡剤は  のマーカーで示した成分です。

塩化Na:増泡剤、増粘剤

PEG-3コカミド:起泡剤、乳化剤

ジステアリン酸PEG-150:乳化剤、増粘剤

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

加水分解エンドウタンパク:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク:毛髪表面を保護、疎水。

加水分解ダイズタンパク:タンパク質に似た構造を持つ成分でダメージホールを補修することで髪を疎水化し髪の痛みを防止します。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa:キューティクルを接着する役割があり、水分やタンパク質の流出を防ぎ髪を補修することができます。

ゼイン:疎水性の皮膜を形成し髪をコーティングすることで髪の摩擦によるダメージを軽減し、髪を艶のある質感に仕上げます。

パンテノール:髪の内部に浸透し、髪を補修します。

ユズ果実エキス:キューティクルを接着する役割があり、水分やタンパク質の流出を防ぎ髪を補修することができます。

ココイルアルギニンエチルPCA:ヘアコンディショニング剤

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

イノシトール:保湿、皮脂分泌調整、シワ改善

ヒポファエラムノイデス果実エキス:抗酸化

チャ葉エキス:保湿、抗酸化、消臭、美白

テンチャエキス、ローズマリー葉エキス、加水分解酵母エキス、PCA-Na、PCA、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、乳酸Na、グリセリン:保湿剤

ビワ葉エキス:抗老化

アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、ホホバ種子油、シア脂、バオバブ種子油:エモリエント剤

ポリソルベート20:乳化剤、可溶化剤(水に溶けにくい物質を溶解する)目的

クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na:pH調整剤

DPG、BG:溶剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

フェノキシエタノール、安息香酸Na:防腐剤

カラメル:着色剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG