エッセンス セラム乳液

エッセンス セラム乳液の全成分表示の見方

今回はエッセンス セラム乳液の全成分表示の見方について書いていきます。

エッセンス セラム乳液の全成分表示の見方

エッセンス セラム乳液の全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、BGトリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル加水分解卵殻膜、ペンチレングリコールセラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、ヒアルロン酸Na、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、プラセンタエキス(ウマ)シア脂、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ビルベリー葉エキス、ヨモギ葉エキス、オオウメガサソウ葉エキス、リンゴ果実エキス、ヒラマメ果実エキス、スイカ果実エキスメドウフォーム油、トコフェロール、フィトスフィンゴシン、水添レシチン、コレステロール、乳酸Na、PCA-Naステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、ポリソルベート60、オクチルドデカノール、パルミチン酸ソルビタン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カプリル酸グリセリル、水酸化K、キサンタンガム、ビオサッカリドガム-1、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルラクチレートNa、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ジメチコン、カルボマー、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール1,2-ヘキサンジオール、ベタイン

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

抗老化成分:加水分解卵殻膜、プラセンタエキス(ウマ)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

エッセンス セラム乳液は抗老化成分を多く配合しているため、肌のハリの維持、シワの予防に役立つ乳液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

加水分解卵殻膜:保湿、抗老化(線維芽細胞産生促進)

プラセンタエキス(ウマ):美白、保湿、抗酸化、抗老化(線維芽細胞増殖促進)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル:美白、抗酸化、抗炎症、抗老化(コラーゲン産生促進)

オオウメガサソウ葉エキス:収れん(肌を引き締める効果)、消臭、美白、抗酸化、保湿

トコフェロール:酸化防止

フィトスフィンゴシン:セラミドの安定化

水添レシチン:乳化剤

コレステロール:セラミドの安定化

ステアリン酸グリセリル、ポリソルベート60:乳化剤

パルミチン酸ソルビタン:乳化剤

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:増粘剤

カプリル酸グリセリル:防腐剤

水酸化K:pH調整剤、中和剤

キサンタンガム、ビオサッカリドガム-1:増粘剤

ラウロイルラクチレートNa:乳化剤

カルボマー:増粘剤

フェノキシエタノール:防腐剤