エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュ

エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュの全成分表示の見方

今回はエリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュの全成分表示の見方について書いていきます。

エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュの全成分表示の見方

エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、DPG、イソペンチルジオール、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、エタノール、加水分解コーンスターチ、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、BG、キサンタンガム、結晶セルロース、アミノプロピルジメチコン、セリンココイルメチルタウリンNaグルタミン酸、ヒアルロン酸Na、グリチルレチン酸ステアリル、水溶性コラーゲンPPG-13デシルテトラデセス-24、ジメチコン、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、タルク、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、クエン酸Na、水酸化K、エチルセルロース、クエン酸、ピロ亜硫酸Na、EDTA-2Na、BHT、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料、酸化鉄

洗浄力:優しい
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

多価アルコールのグリセリン、DPG、イソペンチルジオールと非イオン界面活性剤のPEG/PPG-14/7ジメチルエーテルが作る液晶の中に化粧(油性成分)を包み込むことで化粧(油性成分)を落とすことができます

液晶とは固体と液体の中間の状態にある物質です。

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュの主な洗浄成分は液晶(多価アルコール+非イオン界面活性剤)であることから、肌に優しい洗顔料だと考えられます。

その他の洗浄補助剤は  のマーカーで示した成分です。

ココイルメチルタウリンNa(タウリン系アニオン界面活性剤):洗浄補助剤

PPG-13デシルテトラデセス-24:洗浄補助剤、浸透感付与

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

エリクシール シュペリエル スムースジェルウォッシュは保湿成分を多く配合しており、かなり保湿効果の高い洗顔料だと考えられます。

保湿効果のある成分:,グリセリン、DPG、イソペンチルジオール、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、加水分解コーンスターチ、BG、セリン、グルタミン酸、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

エタノール:清涼感付与、溶剤

(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、キサンタンガム:増粘剤、ジェル形成剤

キサンタンガム、結晶セルロース:増粘剤

アミノプロピルジメチコン:潤滑剤

グリチルレチン酸ステアリル:抗炎症

ジメチコン:感触改良剤、消泡剤

ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン:感触改良剤(べたつきの軽減)

タルク:感触改良剤

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:増粘剤、ジェル形成剤

クエン酸Na:pH調整剤

水酸化K:pH調整剤、中和剤

エチルセルロース:増粘剤

クエン酸:pH調整剤

ピロ亜硫酸Na:酸化防止剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

BHT、トコフェロール:酸化防止剤

フェノキシエタノール:防腐剤

酸化鉄:着色剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG