オードムーゲ バリアジェル

オードムーゲ バリアジェルの全成分表示の見方

今回はオードムーゲ バリアジェルの全成分表示の見方について書いていきます。

オードムーゲ バリアジェルの全成分表示の見方

オードムーゲ バリアジェルの全成分表示は以下の通りです。

ヘパリン類似物質、イソプロピルメチルフェノール 、 グリチルリチン酸ジカリウム 、トコフェロール酢酸エステル、L-アスコルビン酸2-グルコシド、油溶性甘草エキス(2)、アルピニアカツマダイ種子エキス、エイジツエキス、アーティチョークエキス、オウバクエキス、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、エリスリトール、BG、ペンチレングリコール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、無水ケイ酸、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、EDTA-2Na、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、香料、精製水

  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分

オードムーゲ バリアジェルは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、オードムーゲ バリアジェルは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

ヘパリン類似物質:保湿、血行促進、抗炎症

イソプロピルメチルフェノール:殺菌作用

グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体):血行促進、抗酸化作用

L-アスコルビン酸2-グルコシド:美白、抗老化(コラーゲン合成促進)

オードムーゲ バリアジェルは乾燥、肌のハリ、くすみ、肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適したジェルだと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

油溶性甘草エキス(2):美白(メラニンの生成抑制)

アーティチョークエキス:美白、抗老化、収れん(肌を引き締める効果)

オウバクエキス:抗菌、抗炎症、保湿

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体:増粘剤

カルボキシビニルポリマー:増粘剤

ヒドロキシプロピルメチルセルロース:増粘剤

メチルポリシロキサン:感触改良剤

架橋型メチルポリシロキサン:感触改良剤

無水ケイ酸:ソフトフォーカス効果(光散乱効果によってシワや毛穴を目立たなくする)

POE・POPデシルテトラデシルエーテル:乳化剤、可溶化剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

水酸化K:pH調整剤、中和剤

クエン酸、クエン酸Na:pH調整剤

フェノキシエタノール:防腐剤

精製水:基剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG