e standard シャンプー

E STANDARD シャンプーの全成分表示の見方

今回はE STANDARD シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

E STANDARD シャンプーの全成分表示の見方

E STANDARD シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルサルコシンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ココアンホプロピオン酸Na、PEG‐40水添ヒマシ油、ポリクオタニウム-10ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Naフラーレン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、クレアチン、サクシニルアテロコラーゲン(魚)、ヒアルロン酸Na、加水分解ケラチン(羊毛)、ヘマチン(豚)、リン酸アスコルビルMg、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、グレープフルーツ果皮油、ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)、レモングラス油、ショウガ根油、パチョリ油、イランイラン花油、香料、クエン酸、グリセリン、BG、フェノキシエタノール、エタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

洗浄力:上の下
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(スルホン酸系アニオン界面活性剤):E STANDARD シャンプーの主な洗浄成分

コカミドDEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤の起泡力、洗浄力の向上。増粘剤、可溶化剤

ココイルサルコシンNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤):E STANDARD シャンプーの主な洗浄成分

ラウロイルメチルアラニンNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤):E STANDARD シャンプーの主な洗浄成分

ココアンホプロピオン酸Na(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、浸透力の向上。アニオン界面活性剤の刺激を緩和。

ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系アニオン界面活性剤):E STANDARD シャンプーの主な洗浄成分

ココアンホ酢酸Na:(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、浸透力の向上。アニオン界面活性剤の刺激を緩和。

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

E STANDARD シャンプーの主な洗浄成分はスルホン酸系アニオン界面活性剤、非イオン界面活性剤、アミノ酸系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤であることから、洗浄力は上の下程度だと考えられます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ポリクオタニウム-10:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

クレアチン:毛髪に浸透し、髪を補修します。

加水分解ケラチン(羽毛):タンパク質に似た構造を持つ成分でダメージホールを補修することで髪を疎水化し髪の痛みを防止します。

ヘマチン(豚):毛髪のケラチンと結合し髪を補修します。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水(日田天領水):基剤

PEG‐40水添ヒマシ油:乳化剤、香料の可溶化剤(香料を化粧品に混ぜる)目的

フラーレン:抗酸化、抗シワ

サクシニルアテロコラーゲン(魚)、ヒアルロン酸Na:保湿剤

リン酸アスコルビルMg:美白、抗老化(コラーゲン産生促進)

アルニカエキス:抗炎症、血行促進、美白

オドリコソウエキス:収れん(肌を引き締める効果)、美白、肌荒れ防止

オランダガラシエキス:保湿、血行促進

ゴボウエキス:保湿、血行促進、抗炎症、脱毛予防

セイヨウキズタエキス:抗炎症、抗菌、保湿、むくみ改善

ニンニクエキス:抗老化、抗菌、保湿、血行促進、抗アレルギー

マツエキス:保湿、抗老化、消臭、血行促進

ローズマリーエキス:抗炎症、抗酸化、収れん(肌を引き締める効果)、抗菌、美白、抗老化

ローマカミツレエキス:抗炎症

グレープフルーツ果皮油、ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)、レモングラス油、ショウガ根油、パチョリ油、イランイラン花油:香料

クエン酸:pH調整剤

グリセリン、BG:保湿剤

フェノキシエタノール:防腐剤

エタノール:溶剤

メチルパラベン、プロピルパラベン:防腐剤