シカペアクリーム

シカペアクリームの全成分表示の見方

今回はシカペアクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

シカペアクリームの全成分表示の見方

シカペアクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、BG、プロパンジオール、エリンギウムマリチムムカルス培養液トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、セテアリルアルコール、水添ポリ(C6-14オレフィン)、エチルヘキサン酸セチル、ジステアリン酸ポリグリセル-3メチルグルコース、シア脂ナイアシンアミドビニルジメコン、マカデミア種子油、ステアリン酸グリセル、ペンチレングリコール、セイヨウノコギリソウ油、ドクダミエキス、セイヨウヒイラギ葉エキス、1、2-ヘキサンジオール、水添野菜油、セイヨウキズタエキス、ストレプトコッカスサーモフィルス培養物、ラベンダー油、ベルガモット果実油、メリアアザジラクタ葉エキス、メリアアザジラクタ花エキス、ツボクサ葉エキス、コクシニアインディカ果実エキス、コハク、ナス果実エキス、ウコンエキス、カミメボウキ葉エキス、サンゴモエキスワサビノキ種子油、ツボクサエキス、リンゴ酸ジイソステリアル、ポリメチルシルセスキオキサン、ミツロウ、オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、マデカッソシド、(アクリル酸ビドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ヒドロキシアセトフェノン、パルミチン酸、ステアリン酸、ポリアクリロイルジメチルタウリンNa、水添ポリデセン、TEA、DNA、アデノシン、イソステアリン酸ソルビタン、アシアチコシド、パンテノール、エチルヘキシルグリセリン、トコフェノール、塩化Ca、硫酸Mg、アシアチン酸、マデカシン酸、カルボマー、キサンタンガム、EDTA-2Na、カラメル

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分は肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

シカペアクリームは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合されたクリームだと考えられます。

シカペアクリームは皮膚修復成分を多く配合しているため、皮膚ダメージでお悩みの方に役立つクリームだと考えられます。

皮膚修復成分:ツボクサ葉エキス、ツボクサエキス、マデカッソシド、アシアチコシド、アシアチン酸、マデカシン酸

シカペアクリームは抗老化成分を多く配合しているため、肌のハリの維持、シワの予防に役立つクリームだと考えられます。

抗老化成分:ナイアシンアミド、ツボクサ葉エキス、ウコンエキス、カミメボウキ葉エキス、ツボクサエキス、アシアチコシド

シカペアクリームは抗酸化成分を多く配合しているため、くすみ、シワなどの肌荒れ防止に役立つクリームだと考えられます。

抗酸化成分:ドクダミエキス、ウコンエキス、カミメボウキ葉エキス、アシアチン酸、マデカシン酸

シカペアクリームは抗炎症成分を多く配合しているため、肌荒れ防止、シミの予防に役立つクリームだと考えられます。

抗炎症成分:ドクダミエキス、セイヨウキズタエキス、メリアアザジラクタ花エキス、マデカッソシド、アシアチン酸、マデカシン酸

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジステアリン酸ポリグリセル-3メチルグルコース:乳化剤

ナイアシンアミド:保湿(セラミド合成促進)、美白、抗老化(コラーゲン減少改善)

ステアリン酸グリセル:乳化剤

セイヨウノコギリソウ油:精油

ドクダミエキス:抗炎症、抗シワ、抗酸化、抗糖化

セイヨウキズタエキス:抗炎症、抗菌、保湿、むくみ改善

ラベンダー油:精油

ベルガモット果実油:精油

メリアアザジラクタ花エキス:抗菌、保湿、抗炎症、美白、抗シワ

ツボクサ葉エキス:皮膚修復、鎮静作用、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

コハク:収れん(肌を引き締める効果)

ウコンエキス:抗炎症、抗酸化、抗老化、美白

カミメボウキ葉エキス:抗酸化、抗糖化、美白

ツボクサエキス:皮膚修復、鎮静作用、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

ポリメチルシルセスキオキサン:ソフトフォーカス効果(光散乱効果によってシワや毛穴を目立たなくする)

オリーブ油脂肪酸セテアリル:乳化剤

オリーブ油脂肪酸ソルビタン:乳化剤

マデカッソシド:抗炎症、美白、皮膚修復、美白、保湿

(アクリル酸ビドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー:増粘剤

ヒドロキシアセトフェノン:酸化防止剤

ポリアクリロイルジメチルタウリンNa:乳化剤

TEA:pH調整剤

アデノシン:血行促進、シワ改善

アシアチコシド:抗糖化、抗老化(コラーゲン産生促進)、皮膚の再生、鎮静作用

トコフェノール:酸化防止剤

アシアチン酸:皮膚修復、鎮静作用、抗糖化、抗炎症、美白、血行促進

マデカシン酸:皮膚修復、鎮静作用、抗糖化、抗炎症、美白、血行促進

カルボマー:増粘剤

キサンタンガム:増粘剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

カラメル:着色剤