スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修トリートメント

ダメージリペア リッチ補修トリートメントの全成分表示の見方

今回はスーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修トリートメントの全成分表示の見方について書いていきます。

ダメージリペア リッチ補修トリートメントの全成分表示の見方

スーパーリッチシャイン ダメージリペア リッチ補修トリートメントの全成分表示は以下の通りです。

水、ステアリルアルコールベヘントリモニウムクロリドグリセリンジメチコンDPGパルミチン酸セチル、ホホバ種子油ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸シア脂、アルガニアスピノサ核油アルギニン、リシンHCl、グルタミン酸トリカプリリンアモジメチコンセトリモニウムクロリド、(C12-14)s-パレス-7、(C12-14)s-パレス-5、PEG-7プロピルヘプチルエーテル、トリデセス-12、PG、トコフェロール、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料、黄4、赤227、青1

  のマーカー:カチオン界面活性剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカー:コーティング剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分(主にコーティング剤としての役割)
ホホバ種子油以下の成分は配合率1%以下の成分であると考えられます。

カチオン界面活性剤は  のマーカーで示した成分です。

カチオン界面活性剤が配合されていることでマイナスに帯電した髪にトリートメントが吸着し、髪を補修することができます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

アルギニン:髪の滑りを良くする効果やダメージ補修効果があります。

リシンHCl、グルタミン酸:ダメージ補修成分(アミノ酸)

コーティング剤は  のマーカーで示した成分です。

シリコンによって髪がコーティングされることにより、髪の摩擦によるダメージが軽減されたり、髪が艶のある質感に仕上がります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が髪の水分と結合することで水分の流出を防ぎ、髪の乾燥を防止することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にコーティング剤としての役割があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

(C12-14)s-パレス-7、(C12-14)s-パレス-5、PEG-7プロピルヘプチルエーテル、トリデセス-12:乳化剤

トコフェロール:酸化防止剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン:防腐剤

黄4、赤227、青1:着色剤