キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

キュレル潤浸保湿フェイスクリームの全成分表示の見方

今回はキュレル潤浸保湿フェイスクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

キュレル潤浸保湿フェイスクリームの全成分表示の見方

キュレル潤浸保湿フェイスクリームの全成分表示は以下の通りです。

アラントイン*、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドシクロジメチコン、スクワラン、トリシロキサン、ジメチコン、POE・ジメチコン共重合体、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミドユーカリエキス、硫酸Mg、BG、イソステアリルグリセリルエーテル、コハク酸、水酸化ナトリウム液、パラベン

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

キュレル潤浸保湿フェイスクリームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、キュレル潤浸保湿フェイスクリームは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

キュレル潤浸保湿フェイスクリームの有効成分はアラントインです。

アラントインは抗炎症作用を持つことから、キュレル潤浸保湿フェイスクリームは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適した製品だと考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

グリセリンは保湿力が高く、多量配合されることが多い成分です。

ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミドは擬似セラミドであり、セラミドに似た構造であるため保湿力に優れています。

擬似セラミドはセラミドより安価であることから、セラミドに比べて多く配合することができます。

ユーカリエキス:セラミド生産量増加作用

硫酸Mg:保湿、血行促進

BG:保湿剤

皮膚の水分量の約80%は細胞間脂質であるセラミドが維持しています。

キュレル潤浸保湿フェイスクリームは擬似セラミドを配合していることからクリームの中でも特に保湿に優れた製品だと考えられます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

シクロジメチコン:シリコン

スクワラン:炭化水素

トリシロキサン:シリコン

ジメチコン:シリコン

シリコンが多く配合されていることから、キュレル潤浸保湿フェイスクリームは比較的さらっとした使用感だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

精製水:基剤

POE・ジメチコン共重合体:乳化剤

イソステアリルグリセリルエーテル:乳化剤

コハク酸:pH調整剤、収れん作用(肌を引き締める効果)

水酸化ナトリウム液:pH調整剤

パラベン:防腐剤