キュレル ジェルメイク落とし

キュレル ジェルメイク落としの全成分表示の見方

今回はキュレル ジェルメイク落としの全成分表示の見方について書いていきます。

キュレル ジェルメイク落としの全成分表示の見方

キュレル ジェルメイク落としの全成分表示は以下の通りです。

グリチルリチン酸ジカリウム、ソルビット液トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリルグリセリン、POEオクチルドデシルエーテル、水、流動イソパラフィン、ジメチコン、イソノナン酸イソノニルBG、イソプロパノール、ジステアリルジモニウムクロリド、パラベン

  のマーカー:界面活性剤型の洗浄成分
  のマーカー:溶剤型の洗浄成分

キュレル ジェルメイク落としは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、キュレル ジェルメイク落としは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

キュレル ジェルメイク落としの有効成分はグリチルリチン酸ジカリウムです。

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用を持つことから、キュレル ジェルメイク落としは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適したクレンジング料だと考えられます。

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

キュレル ジェルメイク落としは溶剤型と界面活性剤型の両方の機能を持つクレンジング料だと考えられます。

クレンジング料には、オイル系、クリーム系、ミルク系、リキッド・ジェル系、ローション系などがあり、洗浄力、摩擦力に違いがあります。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

界面活性剤型の洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿剤であるソルビット液、グリセリン、BGなどの多価アルコールと非イオン界面活性剤であるPOEオクチルドデシルエーテルが作る液晶の中に化粧(油性成分)を包み込むことで化粧(油性成分)を落とすことができます

液晶とは固体と液体の中間の状態にある物質です。

溶剤型の洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

クレンジングに使用される油性成分として、炭化水素、シリコン、エステル、油脂、高級アルコール、高級脂肪酸などが挙げられます。

洗浄力の強さは炭化水素>シリコン>エステル>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸です。

トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル:エステル

流動イソパラフィン:炭化水素

ジメチコン:シリコン

イソノナン酸イソノニル:エステル

キュレル ジェルメイク落としは溶剤型と界面活性剤型の両方の機能を持つジェル系クレンジング料であり、溶剤型の洗浄成分がエステル、炭化水素、シリコンであることから、洗浄力は中の上程度だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

イソプロパノール:溶剤

ジステアリルジモニウムクロリド、パラベン:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG