コスメデコルテ クレイブラン

コスメデコルテ クレイブランの全成分表示の見方

今回はコスメデコルテ クレイブランの全成分表示の見方について書いていきます。

コスメデコルテ クレイブランの全成分表示の見方

コスメデコルテ クレイブランの全成分表示は以下の通りです。

水、ミリスチン酸グリセリンステアリン酸、水酸化K、ラウリン酸PEG-32、PEG-6ココイルグリシンK、ラウラミノジ酢酸Naマルチトール、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ラベンダー花エキス、BG、DPGPPG-2コカミド、PPG-38ブテス-37、カオリン、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル、タルク、トリラウレス-4リン酸、ポリクオタニウム-39、安息香酸Na、香料、グンジョウ、マイカ、酸化鉄

洗浄力:中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、増粘剤、泡質改善剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

高級脂肪酸(ミリスチン酸、ステアリン酸、ラウリン酸)と水酸化Kの中和反応によって洗顔料の主成分である石鹸が作られます。

ココイルグリシンK(アミノ酸系アニオン界面活性剤):コスメデコルテ クレイブランの主な洗浄成分

ラウラミノジ酢酸Na:(アミノ酸系アニオン界面活性剤):コスメデコルテ クレイブランの主な洗浄成分

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

コスメデコルテ クレイブランの主な洗浄成分は石鹸(ミリスチン酸、ステアリン酸、ラウリン酸+水酸化K)、アミノ酸系アニオン界面活性剤であることから、洗浄力は中程度だと考えられます。

洗浄補助剤、起泡剤、増粘剤、泡質改善剤は  のマーカーで示した成分です。

PPG-2コカミド(非イオン界面活性剤):洗浄補助剤、起泡剤、増粘剤、泡質改善剤

カオリン:汚れ吸着剤

ポリクオタニウム-39:起泡剤、泡質改善剤、界面活性剤の刺激緩和、帯電防止剤

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

カミツレ花エキス:保湿、抗老化、肌荒れ防止、収れん(肌を引き締める効果)

セイヨウハッカ葉エキス:収れん(肌を引き締める効果)、清涼感付与、抗菌、抗シワ

ラベンダー花エキス:保湿、抗菌、収れん(肌を引き締める効果)

PPG-38ブテス-37:乳化剤、可溶化剤(水に溶けにくい物質を溶解する)目的

ジメチコン:分散剤(固体粒子を均一に分散させる役割)

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

タルク:滑沢剤(製品の滑りを良くする役割)

トリラウレス-4リン酸:乳化剤

安息香酸Na:防腐剤

グンジョウ、マイカ、酸化鉄:着色剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG