コアエフェクター

コアエフェクターの全成分表示の見方

今回はファンケル コアエフェクターの全成分表示の見方について書いていきます。

コアエフェクターの全成分表示の見方

ファンケル コアエフェクターの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、BG、ラフィノース、ペンチレングリコールサッカロミセス/コメ発酵液、加水分解コメエキス、コメヌカエキス、スイートピー花エキス、オレンジ果皮油、イソマルト、ジグリセリン、トレハロース、ベタインスクワラン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジメチコンDPG、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、スクレロチウムガム、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ローズマリー葉エキス、トコフェリルリン酸Na、レシチンフィトステロールズ、トコフェロール、クエン酸Na、クエン酸、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、イソノナン酸イソトリデシルスフィンゴモナス培養エキス、カルボマーK

エイジングケア美容液
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

ファンケル コアエフェクターは保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高い美容液だと考えられます。

小じわは主に表皮の乾燥が原因であるため、表皮を保湿することで小じわを防止することができます。

また、乾燥により肌のキメが乱れると、肌の表面が凸凹になり光が乱反射することでくすみに繋がります。

ファンケル コアエフェクターは保湿成分を多く配合しているため、乾燥による肌のキメの乱れを防止するのに役立つ美容液だと考えられます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

肌のバリア機能改善成分:ラフィノース、コメヌカエキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェリルリン酸Na、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10

ファンケル コアエフェクターは肌のバリア機能改善成分を多く配合しているため、乾燥や肌荒れの予防に役立つ美容液だと考えられます。

抗酸化成分:加水分解コメエキス、スイートピー花エキス、ローズマリー葉エキス、トコフェリルリン酸Na

ファンケル コアエフェクターは抗酸化成分を多く配合しているため、くすみ、シワなどの肌荒れ防止に役立つ美容液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ラフィノース:保湿、肌のバリア機能改善

加水分解コメエキス:保湿、抗酸化、光老化防止

コメヌカエキス:保湿、肌のバリア機能改善

スイートピー花エキス:保湿、抗酸化、光老化防止

オレンジ果皮油:香料

キサンタンガム:増粘剤

スクレロチウムガム:増粘剤

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:増粘剤

ローズマリー葉エキス:保湿、抗酸化、抗炎症、抗菌、血行促進、美白、抗老化

トコフェリルリン酸Na:保湿、抗酸化、抗炎症、肌のバリア機能改善

トコフェロール:酸化防止剤

クエン酸Na、クエン酸:pH調整剤

カルボマーK:増粘剤