化粧品の全成分表示比較システム

coolbeauty01|化粧品の成分比較サイトにお越しいただきありがとうございます。

化粧品を購入する際に役立つのが全成分表示です。

化粧品の全成分表示を比較することでより自分に合った化粧品を購入することができると考えられます。

coolbeauty01|化粧品の成分比較サイトでは元化粧品研究開発者としての経験や知識を基に化粧品の全成分表示の見方について書いています。

化粧品の全成分表示比較システムでは上下の画面で化粧品の全成分表示を視覚的に比較することができます。

化粧品の全成分表示比較システム

化粧品の全成分表示比較システムの使い方

①上下の画面で全成分表示比較ツール(カテゴリーリスト)を選択

②上下の画面で比較する化粧品を選択

③上下の画面で右上のMENUボタンから全成分表示比較ツール(カテゴリーリスト)に戻る(Categoryから化粧品を選択することも可能です)




化粧品の全成分表示比較システムの使い方(番外編)

①上下の画面で同じ化粧品を選択します。

②上の画面で全成分表示の部分を表示し、下の画面をスクロールして詳細を確認します。

この方法により、上の画面の全成分表示を見ながら下の画面で全成分表示の見方の詳細を確認することができます。


おすすめ化粧品セット


B.Aベーシックセット

ポーラ最高峰ブランドB.Aシリーズをラインでお試しいただける特別セット。

公式ページへ

化粧品の成分を比較する際のポイント

化粧品の全成分表示は配合率が多い順に記載されています。

配合率が1%以下の成分は順不同で記載されています。

配合率の多い成分は製品に影響を与えますが、配合率が1%以下の成分は良くも悪くもあまり影響を与えません。

そのため、配合率1%以下のラインを見極めることができればより自分に合った化粧品を選ぶことができると考えられます。

配合率1%以下を見極める指標となる成分は植物性エキスなどの機能性成分、防腐剤などの安定化成分、香料などです。

シャンプーの成分を比較する際のポイント

シャンプーの成分を比較する際のポイントはシャンプーの洗浄力、ヘアコンディショニング剤、配合率1%以下のラインです。

シャンプーをする目的として汗や皮脂などの油汚れを落とすことが挙げられます。

自分の肌に合った洗浄力のシャンプーを使用することで皮脂量を調節し、髪や肌のコンディションを整えることができます。

シャンプーでは主にアニオン界面活性剤が汗や皮脂などの油汚れを落とす機能を担っています。

アニオン界面活性剤は水に溶けた時に親水基がマイナスにイオン化する界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の種類でシャンプーの洗浄力をある程度見極めることができます。

アニオン界面活性剤は硫酸系、スルホン酸系、石鹸系、カルボン酸系、アミノ酸系、タウリン系があります。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

ヘアコンディショニング剤の有無や配合率は使用感に関わってきます。

トリートメントの成分を比較する際のポイント

トリートメントの成分を比較する際のポイントはカチオン界面活性剤、ヘアコンディショニング剤、コーティング剤、配合率1%以下のラインです。

トリートメントはカチオン界面活性剤の性質によってヘアコンディショニング剤、コーティング剤などが髪に吸着することで髪を補修する効果があります。

洗顔料の成分を比較する際のポイント

洗顔料の成分を比較する際のポイントは洗顔料の洗浄力、泡立ちの良さ、配合率1%以下のラインです。

洗顔の目的として水だけでは落ちない油汚れを落とすことが挙げられます。

自分の肌に合った洗顔料を使用することで皮脂量を調節し、肌のコンディションを整えることができます。

洗顔料の洗浄成分は主に石鹸系アニオン界面活性剤、カルボン酸系アニオン界面活性剤、アミノ酸系アニオン界面活性剤に分けられます。

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系です。

泡立ちの良さは泡質改善剤の有無や配合率などが関わってきます。

泡立ちの良い洗顔料を使用することで肌の摩擦を軽減することができます。

クレンジングの成分を比較する際のポイント

クレンジングの成分を比較する際のポイントはクレンジングの洗浄力、配合率1%以下のラインです。

クレンジングは肌に負担がかかるため、できるだけ肌に負担がかからないクレンジング料を使用することは重要だと考えられます。

クレンジング料には、オイル系、クリーム系、ミルク系、リキッド・ジェル系、ローション系などがあり、洗浄力、摩擦力に違いがあります。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

クレンジングの洗浄成分には溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

クレンジングに使用される油性成分として、炭化水素、シリコン、エステル、油脂、高級アルコール、高級脂肪酸などが挙げられます。

洗浄力の強さは炭化水素>シリコン>エステル>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸です。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

自分のメイクを落とすのに適した洗浄力のクレンジング料を使用することで、肌の負担を軽減できると考えられます。

クリームの成分を比較する際のポイント

クリームの成分を比較する際のポイントは保湿成分、油性成分、配合率1%以下のラインです。

クリームには保湿成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

保湿効果は保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果です。

エモリエント効果は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果です。

皮膚を乾燥から守る仕組みとして皮脂膜があげられますが、クリームは皮脂膜に近い役割があります。

クリームによって保湿成分と油性成分の種類や配合率が違うため、クリームの成分を比較することでより自分の肌の状態に適した製品を購入することができると考えられます。

化粧水の成分を比較する際のポイント

化粧水の成分を比較する際のポイントは保湿成分の種類と配合量、配合率1%以下のラインです。

肌の水分量は年齢を重ねるごとに減少していきます。そのため、化粧水などで肌の水分量を補う必要があると考えられます。

肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、化粧水には水分を保持するために保湿成分が多く配合されています。

皮膚の水分量は基本的に皮脂、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質によって一定に保たれていますが、皮膚の水分量の約80%はセラミドなどの細胞間脂質が維持しています。

そのため、セラミドなどの水分を維持する役割のある成分を含んだ化粧水を使うとより肌の水分量を補えると考えられます。

美容液の成分を比較する際のポイント

美容液の成分を比較する際のポイントは美容成分の種類と配合量、配合率1%以下のラインです。

美容液は肌の悩みを予防するための美容成分が多く配合された化粧品です。

美容液の種類として、保湿美容液、美白美容液、エイジングケア美容液などが挙げられます。

目的に応じた美容成分を含む美容液を使用することで、より肌の悩みを予防することができると考えられます。

乳液の成分を比較する際のポイント

乳液の成分を比較する際のポイントは保湿成分、油性成分、配合率1%以下のラインです。

乳液には保湿成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

保湿効果は保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果です。

エモリエント効果は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果です。

皮膚を乾燥から守る仕組みとして皮脂膜があげられますが、乳液は皮脂膜に近い役割があります。

乳液とクリームの違いは乳液は水性成分が多めでクリームは油性成分が多めであることです。

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG