ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水の全成分表示の見方

今回はハトムギ化粧水の全成分表示の見方について書いていきます。

ハトムギ化粧水の全成分表示の見方

ハトムギ化粧水の全成分表示は以下の通りです。

水、DPG、BG、グリセリンハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、化粧水には水分を保持するために保湿成分が多く配合されています。

保湿成分が持つヒドロキシ基(-OH基)が水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

分子構造上、水(H2O)と水素結合する(-OH基)が多い物質の方が高い保湿効果があります。

DPG:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

BG:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

グリセリン:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を3つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

ハトムギエキス:保湿剤

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

グリチルリチン酸2K:抗炎症

(スチレン/アクリレーツ)コポリマー:不透明化剤

エタノール:清涼感付与、溶剤

クエン酸:pH調整剤

クエン酸Na:pH調整剤

メチルパラベン:防腐剤

プロピルパラベン:防腐剤