クリア保湿ウォッシュ

クリア保湿ウォッシュの全成分表示の見方

今回はライゼ クリア保湿ウォッシュの全成分表示の見方について書いていきます。

クリア保湿ウォッシュの全成分表示の見方

ライゼ クリア保湿ウォッシュの全成分表示は以下の通りです。

カリ石ケン素地、水、グリセリン、マルチトールココイルグリシンK、ジステアリン酸グリコール、PPG-24グリセレス-24加水分解卵殻膜、乳酸桿菌/コメヌカ発酵液、ヨーグルト液(牛乳)、キハダ樹皮エキス、ハトムギ種子エキスカオリン、レモングラス葉油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、ライム油、パルマローザ油、アオモジ果実油、ベルガモット果実油、マンダリンオレンジ果皮油、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、パール、サンゴ末、レモン果実エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、PCA-Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、セルロースガム、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-7、ラウロイルラクチレートNa、安息香酸Na、キサンタンガム、カルボマー、BG、フィトスフィンゴシン、コレステロール

洗浄力:中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、泡質改善剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

カリ石ケン素地(石鹸系アニオン界面活性剤):ライゼ クリア保湿ウォッシュの主な洗浄成分

ココイルグリシンK(アミノ酸系アニオン界面活性剤):ライゼ クリア保湿ウォッシュの主な洗浄成分

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

ライゼ クリア保湿ウォッシュの主な洗浄成分は石鹸系アニオン界面活性剤、アミノ酸系アニオン界面活性剤であることから、洗浄力は中程度だと考えられます。

洗浄補助剤、泡質改善剤は  のマーカーで示した成分です。

カオリン:汚れ吸着剤

ポリクオタニウム-7:泡のきめ細やかさやボリュームを向上します。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

ライゼ クリア保湿ウォッシュは保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高い洗顔料だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジステアリン酸グリコール:パール剤

加水分解卵殻膜:保湿、抗老化(線維芽細胞産生促進)

乳酸桿菌/コメヌカ発酵液:保湿、細胞活性、肌のバリア機能改善、血行促進

キハダ樹皮エキス:抗菌、抗炎症、保湿

レモングラス葉油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、ライム油、パルマローザ油、アオモジ果実油、ベルガモット果実油、マンダリンオレンジ果皮油:香料

パール、サンゴ末、レモン果実エキス:毛穴ケア、収れん(肌を引き締める効果)

チャ葉エキス:保湿、抗酸化、消臭、美白

カンゾウ根エキス:抗炎症

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル:抱水性のあるエモリエント剤

セルロースガム:増粘剤

フェノキシエタノール:防腐剤

ラウロイルラクチレートNa:乳化剤

安息香酸Na:防腐剤

キサンタンガム、カルボマー:増粘剤

BG:溶剤

フィトスフィンゴシン、コレステロール:セラミドの安定化