クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプー

クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーの全成分表示の見方

今回はクレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーの全成分表示の見方

クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、ココイルメチルタウリンNa、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイングリセリンコカミドメチルMEA、ラウロイルメチルアラニンNaクリスマムマリチマムカルス培養液、リンゴ果実培養細胞エキス、ブドウ果実細胞エキス、マコンブエキス、スサビノリエキス、キトサンサクシナミド、フカスセラツスエキス、アルギン酸Na、海水ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)セラミドNG、セラミドAP、セラミドNP水溶性コラーゲン、コレステロール(羊毛)、ウメ果実エキス、セイヨウハッカ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ティーツリー葉油、ポリクオタニウム-10、クオタニウム-18、クオタニウム-33ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸、ポリクオタニウム-47、アルギニンラウリルグルコシドグリシン、フィチン酸、イソマルトダイズステロール、PPG-7、BG、酸化銀、PG、水添レシチン、レシチン、EDTA-2Na、キサンタンガム、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

洗浄力:優しい
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ココイルメチルタウリンNa(タウリン系アニオン界面活性剤):クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーの主な洗浄成分

ラウラミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。

コカミドメチルMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘。

ラウロイルメチルアラニンNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤):クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーの主な洗浄成分

ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。

ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース(非イオン界面活性剤):増粘剤、界面活性剤の刺激緩和。

ラウリルグルコシド(非イオン界面活性剤):起泡剤、洗浄剤、可溶化剤

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(スルホン酸系アニオン界面活性剤):洗浄剤

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーの配合率の高い主な洗浄成分はタウリン系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン界面活性剤、アミノ酸系アニオン界面活性剤であることから、肌に優しいシャンプーだと考えられます。

また、起泡剤、増泡剤、増粘剤を多く配合していることから、泡立ちが良く、洗浄時の肌の摩擦を軽減できると考えられます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミドNG、セラミドAP、セラミドNPはキューティクルを接着する役割があり、水分やタンパク質の流出を防ぎ髪を補修することができます。

ポリクオタニウム-10:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

クオタニウム-18:帯電防止効果、ヘアコンディショニング作用

クオタニウム-33:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

ポリクオタニウム-47:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

アルギニン:髪の滑りを良くする効果やダメージ補修効果があります。

クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーはヘアコンディショニング剤を多く配合したシャンプーです。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーは保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高いシャンプーだと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

クリスマムマリチマムカルス培養液:保湿(セラミド産生促進)、肌のバリア機能改善、美白

リンゴ果実培養細胞エキス:保湿、抗シワ、肌のハリ改善

ブドウ果実細胞エキス:保湿、光老化防止、肌再生

スサビノリエキス:保湿(セラミド産生促進)、肌のバリア機能改善

フカスセラツスエキス:保湿、肌のバリア機能改善

コレステロール(羊毛):エモリエント剤、セラミドの安定化

ウメ果実エキス:保湿、抗糖化、血行促進、肌のバリア機能改善

セイヨウハッカ葉エキス:収れん(肌を引き締める効果)、清涼感付与、抗菌、抗シワ

ローズマリー葉エキス:抗酸化、抗炎症、抗菌、血行促進、美白、抗老化

ティーツリー葉油:精油

クエン酸:pH調整剤

フィチン酸:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)、皮脂抑制作用

ダイズステロール:エモリエント剤、セラミドの安定化

酸化銀:抗菌、消臭

水添レシチン:乳化剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

キサンタンガム:増粘剤

安息香酸Na:防腐剤

フェノキシエタノール:防腐剤