クラリフィック デュアル エッセンス ローション

クラリフィック デュアル エッセンス ローションの全成分表示の見方

今回はクラリフィック デュアル エッセンス ローションの全成分表示の見方について書いていきます。

クラリフィック デュアル エッセンス ローションの全成分表示の見方

クラリフィック デュアル エッセンス ローションの全成分表示は以下の通りです。

水、変性アルコール、グリコール酸BG、イソノナン酸イソノニル、DPG水酸化Na、パイナップル果実エキス、アスコルビルグルコシド、トコフェロール、酵母エキス、ヨーロッパブナ芽エキス、アルギニン、PEG-32、エチレンジアミンジコハク酸3Na、ヒマワリ種子油、サリチル酸ペンチレングリコール、安息香酸、プロパンジオール、カプリリルグリコールパパイン、ソルビン酸、ダマスクバラ花水、ダマスクバラ花油、ローズマリーエキス、ブドウ種子油、クエン酸

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:ピーリング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、化粧水には水分を保持するために保湿成分が多く配合されています。

保湿成分が持つヒドロキシ基(-OH基)が水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

分子構造上、水(H2O)と水素結合する(-OH基)が多い物質の方が高い保湿効果があります。

BG:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

DPG:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

パイナップル果実エキス:保湿(セラミド産生促進)、肌のバリア機能改善、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

酵母エキス:保湿剤

ヨーロッパブナ芽エキス:保湿、抗老化(コラーゲン産生促進)

アルギニン:保湿剤

PEG-32:保湿剤、増粘剤

ペンチレングリコール:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

プロパンジオール:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。抗菌作用。

カプリリルグリコール:保湿、表皮の柔軟化

ピーリング剤は  のマーカーで示した成分です。

クラリフィック デュアル エッセンス ローションはピーリング剤を多く配合しています。

ピーリング剤は皮膚上層部の古くなった角質層を剥がすことで、表皮基底細胞が肌が薄くなったと認識し新しい細胞を増殖するのを促す働きがあります。

新しい細胞が増えるため、肌が美しくなります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

変性アルコール:清涼感付与、溶剤

イソノナン酸イソノニル:エモリエント剤

水酸化Na:pH調整剤

アスコルビルグルコシド:美白、抗炎症、抗老化(コラーゲン産生促進)

トコフェロール:酸化防止剤

エチレンジアミンジコハク酸3Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

ヒマワリ種子油:エモリエント剤

安息香酸:pH調整剤

ソルビン酸:防腐剤

ダマスクバラ花水:香料

ダマスクバラ花油:香料

ローズマリーエキス:抗炎症、抗酸化、収れん(肌を引き締める効果)、抗菌、美白、抗老化

ブドウ種子油:エモリエント剤

クエン酸:pH調整剤