ボタアンド ザ シャンプー

ボタアンド ザ シャンプーの全成分表示の見方

今回はボタアンド ザ シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

ボタアンド ザ シャンプーの全成分表示の見方

ボタアンド ザ シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウレス-4カルボン酸Na、グリセリン、ポリソルベート20、香料、ポリクオタニウム-10、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、チャ葉エキス、チャカテキン、ムシゴケ葉エキス、アルテア根エキス、セージ葉エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、コカミドメチルMEA、DPG、クエン酸、BG、エチドロン酸、ファルネソール、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

洗浄力:中の下
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤、増粘剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ラウロイルメチルアラニンNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤):ボタアンド ザ シャンプーの主な洗浄成分

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。

ラウレス-4カルボン酸Na(カルボン酸系アニオン界面活性剤):ボタアンド ザ シャンプーの主な洗浄成分

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

ボタアンド ザ シャンプーの主な洗浄成分はアミノ酸系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤、カルボン酸系アニオン界面活性剤であることから、洗浄力は中の下程度だと考えられます。

洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤、増粘剤は  のマーカーで示した成分です。

コカミドメチルMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ポリクオタニウム-10:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

加水分解シルク:タンパク質に似た構造を持つ成分でダメージホールを補修することで髪を疎水化し髪の痛みを防止します。

加水分解コンキオリン:毛髪に対する手触り感、ツヤ改善作用

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

グリセリン:保湿

ポリソルベート20:可溶化剤

チャ葉エキス:保湿、抗酸化、消臭、美白

チャカテキン:抗酸化

ムシゴケ葉エキス:保湿、抗老化

アルテア根エキス:保湿

セージ葉エキス:抗炎症、抗菌、収れん(肌を引き締める効果)、血行促進、、抗シワ

ラベンダー花エキス:抗菌、収れん(肌を引き締める効果)

ローズマリー葉エキス:抗酸化、抗炎症、抗菌、血行促進、美白、抗老化

DPG:保湿

クエン酸:pH調整剤

BG:保湿

エチドロン酸:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

ファルネソール:香料

エチルヘキシルグリセリン:保湿

カプリル酸グリセリル:防腐剤