ビフィダ バイオーム コンプレックス アンプル

ビフィダ バイオーム コンプレックス アンプルの全成分表示の見方

今回はビフィダ バイオーム コンプレックス アンプルの全成分表示の見方について書いていきます。

ビフィダ バイオーム コンプレックス アンプルの全成分表示の見方

ビフィダ バイオーム コンプレックス アンプルの全成分表示は以下の通りです。

ビフィズス菌培養液、BG、ビフィズス菌培養溶解質、乳酸桿菌培養溶解質、乳酸球菌培養溶解質、サッカロミセス発酵液、グリセリン、ナイアシンアミド、1,2-ヘキサンジオール乳酸桿菌/パンプキン発酵エキス、アウレオバシジウムプルランス培養物、ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸K、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、エーデルワイスカルス培養エキス、キューティバクテリウム顆粒膜発酵エキス(5,000ppm)、アシアチコシド、アシアチン酸、マデカシン酸、ペンチレングリコール、スクワラン、水添レシチン、トリペプチド-1銅、トロメタミン、アセチルヘキサペプチド-8、プロパンジオール、エチルヘキシルグリセリン、デキストリン、精製水、カフェイン、ベンジルグリコール、フィチン酸Na、加水分解アルギン、キサンタンガム、没食子酸エピガロカテキン、カルボマー、ヨウシュホオズキがくエキス、加水分解ムコ多糖、ラウリン酸ポリグリセリル-10、カカオ種子エキス、アデノシン

保湿美容液
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が水と結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

ビフィダ バイオーム コンプレックス アンプルは保湿成分を多く配合しており、かなり保湿効果の高い美容液だと考えられます。

小じわは主に表皮の乾燥が原因であるため、表皮を保湿することで小じわを防止することができます。

また、乾燥により肌のキメが乱れると、肌の表面が凸凹になり光が乱反射することでくすみに繋がります。

ビフィダ バイオーム コンプレックス アンプルは保湿成分を多く配合しているため、乾燥による肌のキメの乱れを防止するのに役立つ美容液だと考えられます。

また、ビフィダ バイオーム コンプレックス アンプルは肌のバリア機能改善に役立つ美容液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

ビフィズス菌培養溶解質:保湿、抗老化(線維芽細胞活性作用)

ナイアシンアミド:保湿(セラミド合成促進)、美白、抗シワ(コラーゲン合成促進)

エーデルワイスカルス培養エキス:保湿、鎮静、抗シワ、抗酸化

アシアチコシド:抗糖化、抗老化(コラーゲン産生促進)、皮膚の再生、鎮静作用

アシアチン酸:皮膚修復、鎮静作用、抗糖化、抗炎症、美白、血行促進

マデカシン酸:皮膚修復、鎮静作用、抗糖化、抗炎症、美白、血行促進

スクワラン:エモリエント剤

水添レチシン:乳化剤

トリペプチド-1銅:抗酸化、抗老化

トロメタミン:pH調整剤、中和剤

アセチルヘキサペプチド-8:抗シワ(表情ジワの改善)

デキストリン:増粘剤

精製水:溶剤

フィチン酸Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

キサンタンガム:増粘剤

没食子酸エピガロカテキン:肌保護強化、鎮静作用

カルボマー:増粘剤

ヨウシュホオズキがくエキス:抗老化

ラウリン酸ポリグリセリル-10:可溶化剤(水に溶けにくい物質を溶解する)目的

カカオ種子エキス::保湿、抗酸化

アデノシン:血行促進、シワ改善

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG