バランシングエマルジョンr

バランシング エマルジョン Rの全成分表示の見方

今回はバランシング エマルジョン Rの全成分表示の見方について書いていきます。

バランシング エマルジョン Rの全成分表示の見方

バランシング エマルジョン Rの全成分表示は以下の通りです。

水、クランベリー果実水、グリセリンスクワランBGトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルオリーブ果実油、ホホバ種子油、ベルガモット果実油、オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ニオイテンジクアオイ花油、ニュウコウジュ油、アルファルファエキス、マヨラナ花油、オオアザミ種子油チシマザサ水チャ種子油、ペンタクレスラマクロロバ種子油リンゴ果実水、ゲンノショウコ花/葉/茎エキス、チャ花エキス、チャボトケイソウエキス、クリスマムマリチマムエキス、ウコンカルス溶解質、プロパンジオール、加水分解アルギン、クエン酸、安息香酸Na、水添ホスファチジルコリン、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ペンチレングリコール、ステアリン酸グリセリル、キサンタンガム、ステアリルアルコール、ベンジルアルコール、パルミチン酸スクロース、デヒドロ酢酸、ペクチン、カラギーナン、クエン酸Na

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

バランシング エマルジョン Rは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合された乳液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

クランベリー果実水、ベルガモット果実油、ニオイテンジクアオイ花油、ニュウコウジュ油、アルファルファエキス、マヨラナ花油:香料

オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン:乳化剤

ゲンノショウコ花/葉/茎エキス;保湿、抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)、細胞活性、抗酸化、抗シワ

チャ花エキス:抗酸化、抗老化、抗糖化

チャボトケイソウエキス:収れん(肌を引き締める効果)

クリスマムマリチマムエキス:保湿(セラミド産生促進)、肌のバリア機能改善、ターンオーバー促進、細胞活性

クエン酸:pH調整剤

安息香酸Na:防腐剤

ステアリン酸ポリグリセリル-2:乳化剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

キサンタンガム:増粘剤

ベンジルアルコール:溶剤

パルミチン酸スクロース:乳化剤

デヒドロ酢酸:防腐剤

ペクチン、カラギーナン:増粘剤

クエン酸Na:pH調整剤