アルコール 除菌

アルコールで除菌できる仕組み

 除菌目的でアルコールを使用することがあると思いますが、どうしてアルコールで除菌できるのでしょうか。今回はアルコールで除菌できる仕組みについて考えていきます。

アルコールで除菌できる理由

消毒用アルコールには主にエタノールが使われています。

エタノールの化学構造はCH3-CH2-OHであり、CH3-CH2の部分が疎水性なため油性成分を溶かすことができます。

ウィルスにはエンベロープという脂質でできた膜があり、エタノールは油性成分を溶かすことができるため、ウィルスのエンベロープを破壊し除菌することができます。

ウイルス

細菌の場合は細胞膜を破壊することで除菌することができます。

また、消毒用のアルコール濃度は70~80%が良いとされています。

その理由として、アルコール濃度70~80%の時にアルコールの疎水基が平面上に並び広い疎水面を作るので、ウィルスのエンベロープをより破壊することができることが挙げられます。

また、アルコールは揮発しやすい性質があるため、アルコール濃度が高過ぎると除菌する前にアルコールが揮発してしまう可能性があります。

アルコール消毒すれば全てのウィルスを除菌できるという訳ではなく、エンベロープを持つウィルスは除菌することができますがエンベロープを持たないウィルスは除菌することができないです。

エンベロープを持つウィルス:コロナウィルス、インフルエンザウィルス、エイズウィルスなど

エンベロープを持たないウィルス:ノロウィルスなど

これらのことから、アルコールで除菌できる仕組みを理解し、ウィルスの特徴を知っておくことがウィルス対策において重要だと考えられます。

saveyourlifeマスク、ハンドクリーンジェル、アルコールジェル、エタノール 75%濃度ジェル

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG