アハロバター モイスト&リペア シャンプー

アハロバター モイスト&リペア シャンプーの全成分表示の見方

今回はアハロバター モイスト&リペア シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

アハロバター モイスト&リペア シャンプーの全成分表示の見方

アハロバター モイスト&リペア シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEAシア脂、アルガニアスピノサ核油、プルケネチアボルビリス種子油、ローズマリー葉エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキスセラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、γ-ドコサラクトン、セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、コレステロール(羊毛)、トコフェロール、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、セバシン酸ジエチル、グリセリン、BG、PG、PPG-7、塩化Na、水酸化K、クオタニウム-33、ジステアリルジモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、EDTA-2Na、ピロ亜硫酸Na、クエン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

洗浄力:中の上
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、増泡剤、増粘剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激緩和。

ココイルメチルタウリンNa(タウリン系アニオン界面活性剤):アハロバター モイスト&リペア シャンプーの主な洗浄成分
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(スルホン酸系アニオン界面活性剤):アハロバター モイスト&リペア シャンプーの主な洗浄成分

コカミドDEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤の起泡力、洗浄力の向上。増粘剤、可溶化剤

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

アハロバター モイスト&リペア シャンプーの主な洗浄成分は両性界面活性剤、タウリン系アニオン界面活性剤、スルホン酸系アニオン界面活性剤、非イオン界面活性剤であることから、洗浄力は中の上程度だと考えられます。

その他の洗浄補助剤、増泡剤、増粘剤は  のマーカーで示した成分です。

サピンヅストリホリアツス果実エキス:天然の洗浄剤

塩化Na:増泡剤、増粘剤

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP:キューティクルを接着する役割があり、水分やタンパク質の流出を防ぎ髪を補修することができます。

γ-ドコサラクトン:加熱により毛髪と結合を形成し髪を補修します。(キューティクル補修、髪のうねり、まとまり改善、髪のハリ、コシ改善。)

セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール:毛髪への有効成分の浸透を促進し、髪を補修します。

クオタニウム-33:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

ジステアリルジモニウムクロリド:帯電防止剤、ヘアコンディショニング剤

ポリクオタニウム-10:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

アハロバター モイスト&リペア シャンプーはヘアコンディショニング剤を多く配合したシャンプーです。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

シア脂、アルガニアスピノサ核油、プルケネチアボルビリス種子油:エモリエント剤

ローズマリー葉エキス:抗酸化、抗炎症、抗菌、血行促進、美白、抗老化、保湿

コレステロール(羊毛):セラミドの安定化

トコフェロール:酸化防止剤

セバシン酸ジエチル:美容成分の浸透促進

グリセリン、BG、PG:保湿剤

PPG-7:溶剤

水酸化K:pH調整剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

ピロ亜硫酸Na:酸化防止剤

クエン酸:pH調整剤

安息香酸Na、フェノキシエタノール:防腐剤