acアクティブ ウォッシングフォーム

ACアクティブ ウォッシングフォームの全成分表示の見方

今回はACアクティブ ウォッシングフォームの全成分表示の見方について書いていきます。

ACアクティブ ウォッシングフォームの全成分表示の見方

ACアクティブ ウォッシングフォームの全成分表示は以下の通りです。

<有効成分>:サリチル酸、グリチルリチン酸2K<その他成分>:N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム、水、濃グリセリン、N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンナトリウム、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、BG、N-ラウロイル-N’-カルボキシメチル-N’-ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム液、アルキル(8~16)グルコシド、クエン酸、ジステアリン酸エチレングリコール、グリコール酸、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、ビタミンE、リボフラビン、ベヘニルアルコール、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体、水酸化K

  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:泡質改善剤

ACアクティブ ウォッシングフォーム

ACアクティブ ウォッシングフォームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、ACアクティブ ウォッシングフォームは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分はサリチル酸、グリチルリチン酸2Kです。

サリチル酸:角質軟化によるピーリング作用、抗菌作用

サリチル酸には角質軟化によるピーリング作用、抗菌作用があるため、ACアクティブ ウォッシングフォームはニキビの予防に役立つ洗顔料だと考えられます。

グリチルリチン酸2K:抗炎症作用

グリチルリチン酸2Kは抗炎症作用を持つことから、ACアクティブ ウォッシングフォームは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適した洗顔料だと考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム(アミノ酸系アニオン界面活性剤):ACアクティブ ウォッシングフォームの主な洗浄成分

N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンナトリウム(アミノ酸系アニオン界面活性剤):ACアクティブ ウォッシングフォームの主な洗浄成分

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム(タウリン系アニオン界面活性剤):ACアクティブ ウォッシングフォームの主な洗浄成分

N-ラウロイル-N’-カルボキシメチル-N’-ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム液(両性界面活性剤):ACアクティブ ウォッシングフォームの主な洗浄成分

デシルグルコシド(非イオン界面活性剤):洗浄剤、起泡剤

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

ACアクティブ ウォッシングフォームの主な洗浄成分はアミノ酸系アニオン界面活性剤、タウリン系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン界面活性剤であることから、肌に優しい洗顔料だと考えられます。

泡質改善剤は  のマーカーで示した成分です。

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液:泡のきめ細やかさやボリュームを向上します。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

濃グリセリン、BG、リボフラビン:保湿剤

クエン酸:pH調整剤

ジステアリン酸エチレングリコール:パール剤

グリコール酸:ピーリング剤

dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩:抗酸化、抗炎症、保湿、抗菌、ターンオーバー改善

ビタミンE:抗酸化、血行促進

ベヘニルアルコール:エモリエント剤、かたさ調整剤

水酸化K:pH調整剤、中和剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG