ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォーム

ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォームの全成分表示の見方

今回はホワイトクレイ酵素配合洗顔フォームの全成分表示の見方について書いていきます。

ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォームの全成分表示の見方

ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォームの全成分表示は以下の通りです。

水、ミリスチン酸グリセリン水酸化KPG、ソルビトールパルミチン酸、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、(ラウラミド/ミリスタミド)DEAグリチルリチン酸2K、ペンテト酸5Na、o-シメン-5-オール、BG、カオリン、パパインムクロジエキス、乳糖、ベヘニルアルコール、リパーゼ、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、加水分解コラーゲン、ステアロイルラクチレートNa、ノイバラ果実エキス、セラミドNP、マンダリンオレンジ果皮エキス、キハダ樹皮エキス、セラミドAP、セラミドNG、チャ葉エキス、フィトスフィンゴシン、レモングラス葉/茎エキス、アマチャヅル葉エキス、アロエベラ葉エキス、ダイズ種子エキス、ビルベリー葉エキス

洗浄力:中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、増粘剤、泡質改善剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

高級脂肪酸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸)と水酸化Kの中和反応によって洗顔料の主成分である石鹸が作られます。

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォームの主な洗浄成分は石鹸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸+水酸化K)であることから、洗浄力は中程度だと考えられます。

洗浄補助剤、起泡剤、増粘剤、泡質改善剤は  のマーカーで示した成分です。

(ラウラミド/ミリスタミド)DEA(非イオン界面活性剤):起泡剤、増粘剤、泡質改善剤

カオリン(ホワイトクレイ):汚れ吸着剤

パパイン(酵素):ピーリング剤

リパーゼ(酵素):ピーリング剤

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が多く配合されているため、ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォームは保湿効果の高い洗顔料だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

グリチルリチン酸2K:抗炎症

ペンテト酸5Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

o-シメン-5-オール:防腐剤

ムクロジエキス:抗菌、保湿(セラミド産生促進)、抗老化

ベヘニルアルコール:乳化剤、感触改良剤

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10:乳化剤

ステアロイルラクチレートNa:乳化剤

ノイバラ果実エキス:保湿、美白、抗老化

キハダ樹皮エキス:抗菌、抗炎症、保湿

チャ葉エキス:保湿、抗酸化、消臭、美白

フィトスフィンゴシン:抗菌、抗炎症

レモングラス葉/茎エキス:保湿、抗炎症、抗菌、抗酸化、抗老化

ダイズ種子エキス:保湿、美白、抗老化、皮脂抑制

洗顔フォームホワイトクレイとW酵素で古い角質・黒ずみをオフ【NALC ホワイトクレイ酵素配合洗顔フォーム】