セシュレルクリーム

セシュレルクリームの全成分表示の見方

今回はセシュレルクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

セシュレルクリームの全成分表示の見方

セシュレルクリームの全成分表示は以下の通りです。

トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリルローズ水、精製水、BGシュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル濃グリセリンベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキスステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリルステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシンタイムエキス-1、プルーン酵素分解物ウメ果実エキスキウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス1,2-ペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

美白化粧品
  のマーカー:有効成分
  のマーカー:その他の美白成分
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

セシュレルクリームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、セシュレルクリームは医薬部外品であるため有効成分が一定量配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

トラネキサム酸:メラニン生成を促す情報伝達物質であるプロスタグランジンの発生を抑制しメラニン生成を阻害する美白効果があります。

グリチルレチン酸ステアリル:抗炎症作用

美白成分の効果とシミの予防という記事で詳しく書いていますが、美白成分は紫外線によるメラニン生成を抑制することでシミを防ぎます。

紫外線から肌を守るために表皮の大部分を占めるケラチノサイトが情報伝達物質を分泌することで、メラノサイト(メラニン細胞)を活性化しメラニン生成を促します。

メラノサイトで作られたメラニンがケラチノサイトに送られ過剰に蓄積するとシミになります。

グリチルレチン酸ステアリルは抗炎症作用を持つため、紫外線によって引き起こされる炎症を抑制する働きがあり、日焼け後のアフターケアとして使用することでシミを最小限に抑えることができると考えられます。

セシュレルクリームはシミを予防するのに適したクリームだと考えられます。

その他の美白成分は  のマーカーで示した成分です。

油溶性甘草エキス(2):美白(メラニンの生成抑制)

タイムエキス(1):メラノソームの輸送を阻害し、メラニンがケラチノサイトに送られ蓄積するのを抑制します。保湿、収れん(肌を引き締める効果)、抗炎症、抗菌

プルーン酵素分解物:美白、抗老化

キウイエキス:美白、保湿

ユキノシタエキス:抗アレルギー、美白、収れん作用(肌を引き締める効果)

アーティチョークエキス:美白、抗老化、収れん(肌を引き締める効果)

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

精製水:基剤

ステアリン酸POEソルビタン:乳化剤

ステアリン酸ポリグリセリル:乳化剤

水添大豆リン脂質:乳化剤

SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル:乳化剤

カルボキシビニルポリマー:増粘剤

ステアロイル乳酸Na:乳化剤

天然ビタミンE:抗酸化、血行促進、抗老化、保湿

スクレロチウムガム:増粘剤

水酸化K:pH調整剤、中和剤

ビサボロール:抗炎症、炎症治癒

グリセリン脂肪酸エステル:乳化剤

フェノキシエタノール:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG