ファイブハーブス リペアリングシャンプー

リペアリングシャンプーの全成分表示の見方

今回はファイブハーブス リペアリングシャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

リペアリングシャンプーの全成分表示の見方

ファイブハーブス リペアリングシャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、ラウレス硫酸Na、デシルグルコシドヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルコカミドプロピルベタインオレンジ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ花油、イランイラン花油、アンゼリカ根油、アンゼリカ種子油、アベナストリゴサ種子エキス、ラバンデュラハイブリダ油、ヒマワリ種子油、パンテノール塩化Naポリクオタニウム-7、グリセリン、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、安息香酸Na、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸、レシチン、ソルビン酸K、クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズ、パルミチン酸アスコルビル、トコフェロール、香料

洗浄力:強い
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤、増粘剤、増泡剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ラウレス硫酸Na(硫酸系アニオン界面活性剤):ファイブハーブス リペアリングシャンプーの主な洗浄成分

デシルグルコシド(非イオン界面活性剤):ファイブハーブス リペアリングシャンプーの主な洗浄成分

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。ラウレス硫酸Naの刺激緩和。

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

ファイブハーブス リペアリングシャンプーの主な洗浄成分は硫酸系アニオン界面活性剤、非イオン界面活性剤、両性界面活性剤であることから、洗浄力は強いと考えられます。

その他の洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤、増粘剤、増泡剤は  のマーカーで示した成分です。

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、泡質の向上

塩化Na:増粘剤、増泡剤

ヤシ油アルキルグルコシド(非イオン界面活性剤):洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤

主なヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

パンテノール:髪の内部に浸透し、髪を補修します。

ポリクオタニウム-7:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

オレンジ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ花油、イランイラン花油、アンゼリカ根油、アンゼリカ種子油、ラバンデュラハイブリダ油:香料

アベナストリゴサ種子エキス、ヒマワリ種子油、クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズ:エモリエント剤

グリセリン、レシチン:保湿剤

オレイン酸グリセリル:乳化剤

安息香酸Na:防腐剤

クエン酸:pH調整剤

ソルビン酸K:防腐剤

パルミチン酸アスコルビル:酸化防止剤

トコフェロール:酸化防止剤