人間関係

人間関係に疲れた人必見!楽になる考え方。

 人間関係に疲れたと思う時があると思います。そんな時は考え方を変えると人間関係が楽になると考えられます。今回は人間関係が楽になる考え方について書いていきます。

人間関係に疲れる理由

人間関係に疲れる理由として、自分が他人にどう思われているかを考えてしまうことが挙げられます。

日々生活をしている中で、自分を好きになってくれる人もいれば、普通だと感じている人もいて、嫌いだと思う人もいると思います。

様々な人と関わっていく中で、自分を良く思ってない人と関わることもあると思います。そんな時、どうして自分を良く思ってくれないのだろうかといったことや、自分を良く思ってくれるにはどうすればいいのかといったように自分を良く思ってない人について色々と考えてしまう結果人間関係に疲れてしまうのではないでしょうか。

また、相手が自分のことを好きなのか、普通なのか、嫌いなのかわからないというのも人間関係に疲れてしまう原因になると考えられます。

人間関係が楽になる考え方

人間関係が楽になる考え方として2:6:2の法則が挙げられます。

自分の考えや行動に関係なく、自分を好きだと思う人、普通だと思う人(なんとも思ってない人)、嫌いだと思う人の割合というのは決まっており、自分のことを好きだと思う人は2割、自分のことを普通だと思う人(なんとも思ってない人)は6割、嫌いだと思う人は2割の割合に収束するようです。

そのため、2:6:2の法則を知っていれば、この人は2割の自分を好きだと思う人なんだな、この人は6割の自分を普通だと思う人(なんとも思ってない人)なんだな、この人は2割の自分を嫌いだと思う人なんだな、といったように他人の自分に対する印象は自分の考えや行動に関係なく決まる客観的な事実として考えることができ、気持ちが楽になるのではないかと考えられます。

他人の感情や行動はコントロールできない

他人の感情や行動は天気と同じくらいコントロールできないと思われます。

雨が降ってきた際に、雨が降ってきたことに対して悩んだり、機嫌が悪くなったところで雨はやみません。

同じように、他人の自分に対する感情や行動に対して悩んだりしたところで、他人の感情や行動をコントロールできるのは他人であり、自分ではコントロールできない他人の問題なため、それに対して悩んでも時間の無駄であると考えられます。

自分でコントロールできることに時間を使いましょう

他人は変えられない為、人間関係で疲れた人は自分の行動を変えることで人間関係が楽だと感じられる状態を作ることが重要だと考えられます。