オージュア クエンチ シャンプー

クエンチ シャンプーの全成分表示の見方

今回はオージュア クエンチ シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

クエンチ シャンプーの全成分表示の見方

オージュア クエンチ シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、ラウレス硫酸Na、DPG、イソステアラミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウレス-6酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEAジステアリン酸グリコール、塩化Na、イソノナン酸イソトリデシル、PEG-20、トレハロース、イソステアリン酸イソステアリル、スクワラン、ユキノシタエキス、チューべロース多糖体、ココイルアルギニンエチルPCA、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ココイルイセチオン酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウレス-16、グリチルリチン酸2K、サクシニルグリチルレチン酸2Na、リンゴ酸、BG、グリセリン、エタノール、水酸化Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料

洗浄力:強い
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、増泡剤、増粘剤、泡質改善剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ラウレス硫酸Na(硫酸系アニオン界面活性剤):オージュア クエンチ シャンプーの主な洗浄成分

イソステアラミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):洗浄剤、起泡剤、泡質改善剤、すすぎ時の感触改良剤

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(スルホン酸系アニオン界面活性剤):オージュア クエンチ シャンプーの主な洗浄成分

ラウレス-6酢酸Na:(カルボン酸系アニオン界面活性剤):オージュア クエンチ シャンプーの主な洗浄成分

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激緩和。

コカミドメチルMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘。

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

オージュア クエンチ シャンプーの主な洗浄成分は硫酸系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤、スルホン酸系アニオン界面活性剤、カルボン酸系アニオン界面活性剤、非イオン界面活性剤であることから、洗浄力は強いと考えられます。

その他の洗浄補助剤、起泡剤、増泡剤、増粘剤、泡質改善剤は  のマーカーで示した成分です。

塩化Na:増泡剤、増粘剤

PCAイソステアリン酸 PEG-40水添ヒマシ油(非イオン界面活性剤):増粘剤、泡質改善剤、乳化剤

ココイルイセチオン酸Na(イセチオン酸系アニオン界面活性剤):洗浄補助剤、起泡剤

ラウロイルアスパラギン酸Na(アミノ酸系アニオン界面活性剤):洗浄補助剤、起泡剤

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

イソステアリン酸イソステアリル:キューティクルを接着する役割があり、水分やタンパク質の流出を防ぎ髪を補修することができます。

スクワラン:キューティクルを接着する役割があり、水分やタンパク質の流出を防ぎ髪を補修することができます。

ココイルアルギニンエチルPCA:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

ポリクオタニウム-10:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

ポリクオタニウム-52:洗浄後のつっぱり感やきしみ感を低減し、しっとりとした滑らかな感触を付与します。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

DPG、PEG-20、トレハロース、チューべロース多糖体、BG、グリセリン:保湿剤

ジステアリン酸グリコール:パール剤

イソノナン酸イソトリデシル:エモリエント剤

ユキノシタエキス:抗アレルギー、美白

ラウレス-16:乳化剤

グリチルリチン酸2K:抗炎症

サクシニルグリチルレチン酸2Na:抗炎症

リンゴ酸:pH調整剤

エタノール:溶剤

水酸化Na:pH調整剤

メチルクロロイソチアゾリノン:防腐剤

メチルイソチアゾリノン:防腐剤