PH センシティブクリーム

PH センシティブクリームの全成分表示の見方

今回はPH センシティブクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

PH センシティブクリーム

PH センシティブクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、メチルプロパンジオール水添ポリ(C6-14オレフィン)、ジメチコンベタイントリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジヘプタン酸ネオペンチルグリコール、シクロペンタシロキサン、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、ヤマノイモ根エキス、ポリシリコーン-11、セタノールサッカロミセス培養液、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、ポリソルベート 20、ポリイソブテン、水添ポリイソブテン、スクワラン、香料、ポリクオタニウム-51、エチルヘキシルグリセリン、エタノール、メドウフォーム-δ-ラクトン、酢酸トコフェロール、セイヨウネズ果実エキス、カバ葉/根/カバ葉/根/茎エキス、ツボクサエキス、オタネニンジン果実エキス、ワカメエキス、グリコシルトレハロース、水添レシチン、アルガニアルピノサ核油、イソノナン酸イソノニル、ステアリン酸ポリグリセリル-10、アラントイン、加水分解水添デンプン、ステアロイルグルタミン酸 Na、キシリチルグルコシド、ラフィノース、ビオサッカリドガム-1、シア脂、セテアリルアルコール、ジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸、EDTA-2Na、ヒアルロン酸Na、イソステアリン酸ソルビタン、無水キシリトール、ラウレス-12、レシチンジステアリン酸ペンタエリスリチル、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-100、ポリアクリレート-13、キシリトール、BG、β-グルカン、ラウリルカルバミン酸イヌリン、葉酸、ステアロイルグルタミン酸2Na、セラミドNP、コレステロール、トロメタミン、パンテノール、パルミトイルペンタペプチド-4

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。
PH センシティブクリームは肌のpHを弱酸性に整えるのに役立つクリームです。
クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

PH センシティブクリームは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合されたクリームだと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース:乳化剤

ポリシリコーン-11;皮膜形成剤

フェノキシエタノール:防腐剤

ポリソルベート 20:乳化剤、可溶化剤(水に溶けにくい物質を溶解する)目的

エタノール:溶剤

酢酸トコフェロール:抗酸化

セイヨウネズ果実エキス、カバ葉/根/カバ葉/根/茎エキス:香料

ツボクサエキス:皮膚修復、鎮静作用、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

水添レチシン:乳化剤

ステアリン酸ポリグリセリル-10:乳化剤

アラントイン:抗炎症

ステアロイルグルタミン酸 Na:乳化剤

ラフィノース:保湿、肌のバリア機能改善

ビオサッカリドガム-1:増粘剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

イソステアリン酸ソルビタン:乳化剤

ラウレス-12:乳化剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

ステアリン酸PEG-100:乳化剤

ポリアクリレート-13:皮膜形成剤

β-グルカン:肌の保護

ラウリルカルバミン酸イヌリン:乳化剤

ステアロイルグルタミン酸 2Na:乳化剤

コレステロール:セラミドの安定化

トロメタミン:pH調整剤、中和剤

パルミトイルペンタペプチド-4:抗シワ(コラーゲン産生促進)

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG