オーガニックス シルキーリッチ シャンプー

オーガニックス シルキーリッチ シャンプーの全成分表示の見方

今回はオーガニックス シルキーリッチ シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

オーガニックス シルキーリッチ シャンプーの全成分表示の見方

オーガニックス シルキーリッチ シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水 、ココイルグルタミン酸 T E A 、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PPG-2コカミド、コカミドメチルMEA香料、ビオチン、カンナビジオール、アサイヤシ果実エキス、アロエベラ液汁、アボカド油、バオバブ種子油、サルビアヒスパニカ種子油、ヤシ油、アマニ油、スクレロカリアビレア種子油、ザクロ果皮エキス、ウコン根茎エキス、ウィタニアソムニフェラ根エキス、オタネニンジン根エキス、カンゾウ根エキス、レイシ柄エキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、酒粕エキス、トウミツ、ホホバ 種子油、トコフェロール、キサンタンガム、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、BG、グリセリン、レシチン、クエン酸、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン

洗浄力:中の上
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:増泡剤、増粘剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系アニオン界面活性剤):オーガニックス シルキーリッチ シャンプーの主な洗浄成分

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激緩和。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(スルホン酸系アニオン界面活性剤):オーガニックス シルキーリッチ シャンプーの主な洗浄成分

PPG-2コカミド(非イオン界面活性剤):洗浄剤、起泡剤、増粘剤、泡質改善剤

コカミドメチルMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘。

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

オーガニックス シルキーリッチ シャンプーの主な洗浄成分はアミノ酸系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤、スルホン酸系アニオン界面活性剤、非イオン界面活性剤であることから、洗浄力は中の上程度だと考えられます。

増泡剤、増粘剤は  のマーカーで示した成分です。

塩化Na:増泡剤、増粘剤

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ポリクオタニウム-10:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

ポリクオタニウム-7:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

その他の成分の特徴はとして、オーガニックス シルキーリッチ シャンプーは保湿剤とエモリエント剤を多く配合しています。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ビオチン、カンナビジオール、アサイヤシ果実エキス、アロエベラ液汁、ザクロ果皮エキス、ウコン根茎エキス、ウィタニアソムニフェラ根エキス、オタネニンジン根エキス、カンゾウ根エキス、レイシ柄エキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、酒粕エキス、トウミツ、BG、グリセリン、レシチン:保湿剤

アボカド油、バオバブ種子油、サルビアヒスパニカ種子油、ヤシ油、アマニ油、スクレロカリアビレア種子油、ホホバ 種子油:エモリエント剤

トコフェロール:酸化防止剤

キサンタンガム:増粘剤

クエン酸:pH調整剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン:防腐剤