モイスチュア&バランシング セラム

モイスチュア&バランシング セラムの全成分表示の見方

今回はモイスチュア&バランシング セラムの全成分表示の見方について書いていきます。

モイスチュア&バランシング セラムの全成分表示の見方

モイスチュア&バランシング セラムの全成分表示は以下の通りです。

水、BG、グリセリンスクワラン、エチルヘキサン酸セチル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、メドウフォーム油、ポリソルベート60、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ミリスチン酸オクチルドデシル、ジメチコン、カルボマー、水酸化K、ベヘニルアルコール、ホホバ種子油、レモン果皮油、クスノキ樹皮油、マンダリンオレンジ果皮油、ショウズク種子油、ビターオレンジ花油、キサンタンガム、グリセリルグルコシド、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油グルコノバクター/ハチミツ発酵液、カニナバラ果実エキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ラベンダー花エキス、トウキンセンカ花エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、オウゴン根エキス、ネムノキ樹皮エキス、ポリグルタミン酸、トコフェロール

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ポリソルベート60:乳化剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

ステアリン酸ソルビタン:乳化剤

フェノキシエタノール:防腐剤

カルボマー:増粘剤

水酸化K:pH調整剤、中和剤

レモン果皮油、クスノキ樹皮油、マンダリンオレンジ果皮油、ショウズク種子油、ビターオレンジ花油:香料

キサンタンガム:増粘剤

セイヨウサンザシ果実エキス:抗炎症、抗酸化、抗アレルギー、美白

ラベンダー花エキス:保湿、抗菌、収れん(肌を引き締める効果)

トウキンセンカ花エキス:血行促進、抗炎症、抗菌
カミツレ花エキス:保湿、抗老化、肌荒れ防止、収れん(肌を引き締める効果)

ローズマリー葉エキス:保湿、抗酸化、抗炎症、抗菌、血行促進、美白、抗老化

オウゴン根エキス:保湿、美白、抗老化、収れん(肌を引き締める効果)

ネムノキ樹皮エキス:抗老化(コラーゲン修復)

トコフェロール:酸化防止剤