ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルク

ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルクの全成分表示の見方

今回はミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルクの全成分表示の見方について書いていきます。

ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルクの全成分表示の見方

ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルクの全成分表示は以下の通りです。

ε-アミノカプロン酸、グリチルレチン酸ステアリル、水、BG、濃グリセリントリオクタン酸グリセリル、ジメチコン、ペンチレングリコール、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール、リンゴ酸ジイソステアリル、ポリアクリル酸アルキル、トレハロース、ベタイン、SEステアリン酸グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、イソステアリン酸、フェノキシエタノール、カルボキシビニルポリマー、クエン酸Na、アスパラギン酸、L-バリン、プロリン、トレオニン、L-イソロイシン、ヒスチジン、L-フェニルアラニンベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、サクラ葉抽出液、キウイエキス、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体、クエン酸、L-ロイシン、乳酸Na液、PCA、アルギニン、DL-PCA・Na液、水酸化Na、グリシン、アラニン、水添大豆リン脂質、セリン、ラウリン酸ポリグリセリル

  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルクは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルクは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

ε-アミノカプロン酸:肌荒れを促進するプラスミンというタンパク質分解酵素の働きを抑制します。

グリチルレチン酸ステアリル:抗炎症作用

ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルクは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適した乳液だと考えられます。

乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。
主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール:乳化剤

ポリアクリル酸アルキル:粘度調整剤

SEステアリン酸グリセリル:乳化剤

フェノキシエタノール:防腐剤

カルボキシビニルポリマー:増粘剤

クエン酸Na:pH調整剤

水酸化K:pH調整剤、中和剤

キサンタンガム:増粘剤

サクラ葉抽出液:抗アレルギー

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体:肌のバリア機能改善、刺激物質の刺激緩和

クエン酸:pH調整剤

水酸化Na:pH調整剤、中和剤

水添大豆リン脂質:乳化剤

ラウリン酸ポリグリセリル:乳化剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG