薬用スキンコンディショナーエッセンシャル

薬用スキンコンディショナーエッセンシャルの全成分表示の見方

今回は薬用スキンコンディショナーエッセンシャルの全成分表示の見方について書いていきます。

薬用スキンコンディショナーエッセンシャルの全成分表示の見方

薬用スキンコンディショナーエッセンシャルの全成分表示は以下の通りです。

グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、グルタチオン、ハマメリスエキス、マロニエエキス、ヨクイニンエキス、i-メントール、カラギーナン、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、無水エタノール、エチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

  のマーカー:有効成分

薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

薬用スキンコンディショナーエッセンシャルの有効成分はグリチルリチン酸ジカリウムです。

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用を持つことから、薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適した化粧水だと考えられます。

また、薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは抗炎症作用を持つ成分を多く配合しているため、シミを予防するのに適した化粧水だと考えられます。

紫外線によって肌が炎症を起こすことでメラニンの生成が促されシミに繋がります。

抗炎症作用を持つ成分は紫外線によって引き起こされる炎症を抑制する働きがあるため、日焼け後のアフターケアとして使用することでシミを最小限に抑えることができると考えられます。

抗炎症作用を持つ成分は  のマーカーで示した成分です。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

精製水:基剤

エタノール:清涼感付与

1,3-ブチレングリコール:保湿

グルタチオン:抗酸化、美白

ハマメリスエキス:抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)

マロニエエキス:抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)、抗糖化

ヨクイニンエキス:抗炎症、保湿、美白、抗老化

メントール:冷涼感付与

カラギーナン:増粘剤

セスキオレイン酸ソルビタン:乳化剤

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油:乳化剤、香料の可溶化剤(香料を化粧水に混ぜる)目的

無水エタノール:清涼感付与

エチルパラベン:防腐剤

プロピルパラベン:防腐剤

メチルパラベン:防腐剤