リサージミネラルソープ

リサージミネラルソープの全成分表示の見方

今回はリサージミネラルソープの全成分表示の見方について書いていきます。

リサージミネラルソープの全成分表示の見方

リサージミネラルソープの全成分表示は以下の通りです。

グリセリンミリスチン酸、水、水酸化KPEG-32、PEG-6パルミチン酸DPGラウリン酸、ステアリン酸グリセリル(SE)、酸化チタン、ココイルメチルタウリンNa、タルク、酸化鉄、EDTA-4Na、ポリクオタニウム-44ラウロイルグルタミン酸Naモロッコ溶岩クレイラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、BG、水酸化Al、含水シリカ、ラウロイル加水分解シルクNaポリクオタニウム-39、酸化亜鉛、アスコルビン酸硫酸2Na、加水分解シルク、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、エタノール、ゼニアオイ花エキス、グリシン、プロリン、アラニン、セージ葉エキス、ラミナリアオクロロイカエキス、キハダ樹皮エキス、水溶性コラーゲン

洗浄力:中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

高級脂肪酸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸)と水酸化Kの中和反応によって洗顔料の主成分である石鹸が作られます。

ココイルメチルタウリンNa(タウリン系アニオン界面活性剤):起泡剤、洗顔剤

ラウロイルグルタミン酸Na(アミノ酸系アニオン界面活性剤):起泡剤、洗浄剤

ラウロイル加水分解シルクNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤):起泡剤、洗浄剤

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

化粧品の全成分表示は配合量が多い順に記載されています。

リサージミネラルソープの主な洗浄成分は石鹸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸+水酸化K)、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルグルタミン酸Na、ラウロイル加水分解シルクNaの順番で配合されています。

ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルグルタミン酸Na、ラウロイル加水分解シルクNaは配合率1%以下であることから、リサージミネラルソープの主な洗浄機能は石鹸が担っており、洗浄力は中程度だと考えられます。

洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤は  のマーカーで示した成分です。

モロッコ溶岩クレイ:汚れ吸着剤

ポリクオタニウム-44:泡質改善剤:帯電防止剤

ポリクオタニウム-39:起泡剤、泡質改善剤、界面活性剤の刺激緩和、帯電防止剤

リサージミネラルソープは起泡剤、泡質改善剤を多数配合しているため、泡立ちが良く洗顔時の肌の摩擦を軽減できると考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

リサージミネラルソープは保湿成分を多く配合しているため、保湿効果の高い洗顔料だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ステアリン酸グリセリル(SE):乳化剤

酸化チタン:着色剤

タルク:抗炎症

酸化鉄:着色剤

EDTA-4Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

水酸化Al:酸化チタン、酸化亜鉛の表面処理剤

含水シリカ:酸化チタン、酸化亜鉛の表面処理剤

酸化亜鉛:着色剤

アスコルビン酸硫酸2Na:酸化防止剤

セージ葉エキス:抗炎症、抗菌、収れん(肌を引き締める効果)、血行促進、、抗シワ

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG