人生の選択肢

人生の選択肢を広げる方法

目標を達成できなかった時、失敗をした時、何かを失った時に人生終わったと思ってしまいます。一方で、人生終わったと思った時は価値観を広げる時が来たというだけのことなのではないでしょうか。今回は人生の選択肢を広げる方法について考えていきます。

価値観を広げると人生の選択肢が増える

目標を達成できなかった時、失敗をした時、何かを失った時に人生終わったと感じるのは価値があると思っていた選択肢が閉ざされてしまったためだと考えられます。

その選択肢こそ価値のある選択肢であり、他の人生の選択肢はあまり価値がないという考えが人生終わったと思ってしまう原因なのではないでしょうか。

一方で、生きていくための方法や選択肢というのはたくさんあります。

生きていくための方法や選択肢というのはたくさんあるということを知っていれば人生終わったと感じることはないと考えられます。

生きていくための選択肢がたくさんあるにもかかわらずそれに気付けないのは情報不足と常識が原因だと考えられます。

例えば、学校に行かなくなった人の中には人生終わったと感じてしまう人もいると思います。

人生終わったと感じてしまう原因として、学校に行くことが正しい選択肢だという常識、学校に行かなければ将来生きていけないという価値観が挙げられます。

学校に行くことが正しいという常識が世の中に広まっているため、周囲の人もそう考えている場合が多く、そんな中で学校に行かないという選択肢を選ぶと周囲からマイナスなレッテルを貼られてしまい人生終わったと感じてしまいます。

一方で、本人は学校に行くことより学校に行かないという選択肢の方が自分にとって最善であるから学校に行かないという選択肢を選んでいるのであって考えることを放棄して行きたくないのに学校に行き辛い思いをするよりよっぽど正しい選択肢だと考えられます。

そんな中、あなたの将来のためだという理由で学校に行くことを押しつけてくる人もいると思います。

しかし、押し付けた善意は悪意となんら変わりないです。

その人が学校に行って就職して生きていく以外の選択肢を知らない人か価値を見出せていない人であるというだけです。

生きていくための方法や選択肢がたくさんあるということを知ることが重要になってくると考えられます。

様々な考え方を持った人が周りにいると思いますが、そんな中他人の人生を生きるのではなく自分の人生を生きることが自分の人生の選択肢を広げるために重要だと考えられます。

人生終わったと感じている人は、価値観を広げてみると良いのではないでしょうか。