ハンドソープ

ハンドソープとボディソープの違いと使い分け

皆さんは家に帰って手洗いをする時にハンドソープを使うと思います。手も体の一部ですが手を洗う時はボディソープとは別にハンドソープが使われています。ハンドソープとボディソープにはどのような違いがあるのでしょうか。

ハンドソープとボディソープの違い

ハンドソープには抗菌作用を持つ有効成分が含まれています。

ハンドソープは抗菌作用と洗浄作用を重視しており、ボディソープは洗浄作用、保湿作用を重視しているのではないでしょうか。

ハンドソープ:抗菌作用、洗浄作用

ボディソープ:洗浄作用、保湿作用

抗菌作用は主に殺菌作用と静菌作用に分けられます。

殺菌作用:細菌などの微生物を死滅、減少させる

静菌作用:細菌などの微生物が増殖しない環境を作る

ハンドソープには殺菌作用を持つ成分がより配合されていると考えられます。

ハンドソープに使われている殺菌作用のある有効成分としてイソプロピルメチルフェノール、塩化ベンザルコニウムなどが挙げられます。

手を洗う時にハンドソープを使うメリットとして殺菌作用があります。

一方で、肌のphと常在菌という記事に詳しく書いていますが、肌には表皮ブドウ球菌のような肌を弱酸性に保ち肌トラブルを防いでいる微生物もいます。

肌のpHと常在菌

ハンドソープの殺菌作用で病原菌などを防げるというメリットがある一方で、表皮ブドウ球菌などの肌に必要な菌を殺菌してしまう可能性も考えられます。

これらのことから、特に殺菌を目的としているならハンドソープ、洗浄を目的としているなら殺菌作用の弱いハンドソープやボディソープで手を洗ってもいいのではないでしょうか。

*肌に優しいボディソープとして、やさしさ地肌ナチュラルスキン&ヘアソープがおすすめです。

また、除菌のためにハンドソープを使用したいがハンドソープがない場合、ボディソープでも除菌はできると言われています。

ハンドソープの代わりにボディソープで除菌できるとは言っても、ボディソープにはイソプロピルメチルフェノール、塩化ベンザルコニウムのような殺菌作用のある有効成分が入っていないため、本当に除菌できるのかと疑問に思う方もいると思います。

では、なぜ殺菌作用のある有効成分が配合されていないボディソープでも除菌ができるのかというと、ボディソープに配合されている界面活性剤がウィルスのエンベロープという脂質でできた膜を破壊しウィルスを死滅させることができるためです。

ハンドソープの場合、イソプロピルメチルフェノール、塩化ベンザルコニウムのような殺菌作用のある有効成分に加え界面活性剤によっても除菌できるのでより除菌効果が期待できます。

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG