ジェルクリーム

ジェルクリームはエモリエント効果より保湿効果がある訳

ジェルクリームは普通のクリームに比べて水分を補うのに適しています。今回はジェルクリームはエモリエント効果より保湿効果がある訳について考えていきます。

ジェルクリームはエモリエント効果より保湿効果がある理由

ジェルクリームはエモリエント効果より保湿効果がある理由として、水性成分の配合量が多く、油性成分の配合量が少ないことが挙げられます。

エモリエント効果とは油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果です。

保湿効果とは水性成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果です。

普通のクリームは水性成分に比べて油性成分が多く配合されているため、油分を補うのに適しています。

普通のクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、BGセタノール、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸、オリブ油、ミネラルオイル、シア脂、ベヘニルアルコールヒアルロン酸Na、アロエベラ葉エキス、ステアリン酸ソルビタン、EDTA-2Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール

ジェルクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、BG、グリセリン、ジグリセリン、ソルビトール、DPGスクワラン、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル、ヒアルロン酸Na、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、水溶性コラーゲン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、水酸化K、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

水性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

ジェルクリームは普通のクリームに比べて水性成分が多く配合されているため、油分を少し補い、水分を多く補いたいという人に適した化粧品だと考えられます。

通常、水性成分が多く、油性成分が少ないとクリームではなく乳液になります。

ジェルクリームは水性成分が多く、油性成分が少ないのに乳液ではなくクリーム状である理由として、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーを配合していることが挙げられます。

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーは高分子乳化剤であり、水酸化Kとの中和反応によって水和ゲルを形成することで、乳液のように油性成分が少なくてもクリーム状にすることができます。

水分より油分を多く補いたい人は普通のクリーム、油分より水分を多く補いたい人はジェルクリームが適していると考えられます。