cica cream

CICA CREAMの全成分表示の見方

今回はCICA CREAMの全成分表示の見方について書いていきます。

CICA CREAMの全成分表示の見方

CICA CREAMの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、BGジメチコン、PEG-8(カプリル/カプリン酸)グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、オリーブ油脂肪酸セテアリル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、トロメタミン、フェノキシエタノール、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、ミツロウ、クロルフェネシン、香料、エチルヘキシルグリセリン、カプリリルグリコール、パンテノール、メリアアザジラクタ葉エキス、ヨモギ葉エキス、オキシベンゾン-5、スベリヒユエキス、アルコール、EDTA-2Na、メリアアザジラクタ花エキス、カカオエキス、1,2-ヘキサンジオール、ヒアルロン酸Na、デキストリン、ツボクサエキス、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリドセラミドNP、水添レシチン、クスノキ葉エキス、βグルカン、プロポリスエキス、アシアチコシド、マデカッソシド、アシアチン酸、マデカシン酸

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分は肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

CICA CREAMは皮膚修復成分を多く配合しているため、皮膚ダメージでお悩みの方に役立つクリームだと考えられます。

皮膚修復成分:ツボクサエキス、アシアチコシド、マデカッソシド、アシアチン酸、マデカシン酸

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

PEG-8(カプリル/カプリン酸)グリセリル:乳化剤

オリーブ油脂肪酸セテアリル:乳化剤

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:ジェル形成剤

オリーブ油脂肪酸ソルビタン:乳化剤

トロメタミン:pH調整剤、中和剤

フェノキシエタノール:防腐剤

(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー:保湿作用のある高分子ジェル

クロルフェネシン:防腐剤

メリアアザジラクタ葉エキス:抗菌、保湿、抗炎症、美白、抗シワ

オキシベンゾン-5:退色防止剤

アルコール:溶剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

メリアアザジラクタ花エキス:抗菌、保湿、抗炎症、美白、抗シワ

カカオエキス:保湿、抗酸化

デキストリン:増粘剤

ツボクサエキス:皮膚修復、鎮静作用、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

水添レシチン:乳化剤

クスノキ葉エキス:香料

アシアチコシド:抗糖化、抗老化(コラーゲン産生促進)、皮膚の再生、鎮静作用

マデカッソシド:抗炎症、美白、皮膚修復、美白、保湿

アシアチン酸:皮膚修復、鎮静作用、抗糖化、抗炎症、美白、血行促進

マデカシン酸:皮膚修復、鎮静作用、抗糖化、抗炎症、美白、血行促進

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG