セラミエイド 薬用スキンクリーム

セラミエイド 薬用スキンクリームの全成分表示の見方

今回はセラミエイド 薬用スキンクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

セラミエイド 薬用スキンクリームの全成分表示の見方

セラミエイド 薬用スキンクリームの全成分表示は以下の通りです。

グリチルレチン酸ステアリル※、 精製水、流動パラフィン、ワセリンジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコールスクワラン濃グリセリン、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、セトステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、L-セリン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、dl-α-トコフェロール、ユビデカレノン2-エチルヘキサン酸セチル、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、イソステアリン酸、エデト酸二ナトリウム、ヒドロキシエチルセルロース、メチルポリシロキサン、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

セラミエイド 薬用スキンクリームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、セラミエイド 薬用スキンクリームは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分はグリチルレチン酸ステアリルです。

グリチルレチン酸ステアリル:抗炎症作用

セラミエイド 薬用スキンクリームは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適したクリームだと考えられます。

クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。
主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

セラミエイド 薬用スキンクリームは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合されたクリームだと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

精製水:基剤

自己乳化型モノステアリン酸グリセリル:乳化剤

モノステアリン酸ポリエチレングリコール:乳化剤

dl-α-トコフェロール:血行促進、抗酸化

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体:増粘剤

エデト酸二ナトリウム:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

ヒドロキシエチルセルロース:増粘剤

水酸化ナトリウム:pH調整剤

フェノキシエタノール:防腐剤