ベーシッククリーム

ベーシッククリームの全成分表示の見方

今回はシェルクルール ベーシッククリームの全成分表示の見方について書いていきます。

ベーシッククリームの全成分表示の見方

シェルクルール ベーシッククリームの全成分表示は以下の通りです。

水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オレフィンオリゴマー、スクワラン、BG、PEG-20ソルビットミツロウステアリン酸テトラオレイン酸ソルベス-60、ベヘネス-20、ステアリン酸グリセリル(SE)ベヘニルアルコール、オリーブ油、パルミチン酸セチル、ジメチコンカルボマー、アルギニン、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、ジカプリル酸ピリドキシン、ビフィズス菌発酵エキス、シャクヤク根エキス、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、香料

洗浄力:強い
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

シェルクルール ベーシッククリームは油で化粧(油性成分)を落とすタイプのクレンジング料です。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます

クレンジング料には、オイル系、クリーム系、ミルク系、リキッド・ジェル系、ローション系などがあり、洗浄力、摩擦力に違いがあります。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

シェルクルール ベーシッククリームはクリーム系のクレンジング料であり、洗浄力や摩擦力のバランスが良く比較的肌に優しいクレンジング料だと考えられます。

洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

クレンジングに使用される油性成分として、炭化水素、シリコン、エステル、油脂、高級アルコール、高級脂肪酸などが挙げられます。

洗浄力の強さは炭化水素>シリコン>エステル>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸です。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル:エステル

オレフィンオリゴマー:炭化水素

スクワラン:炭化水素

ステアリン酸:高級脂肪酸

ベヘニルアルコール:高級アルコール

オリーブ油:油脂

パルミチン酸セチル:エステル

ジメチコン:シリコン

化粧品の全成分表示は配合率が多い順に記載されています。

シェルクルール ベーシッククリームの洗浄成分はエステル、炭化水素、高級脂肪酸、高級アルコール、油脂、エステル、シリコンの順で配合されていることから、洗浄力は比較的強いと考えられます。

洗浄補助剤は  のマーカーで示した成分です。

洗浄補助剤は油で化粧(油性成分)を浮かせた後、水で流す際に水と油を混ぜて洗い流すために配合されています。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

BG:保湿

カルボマー:増粘剤

アルギニン:pH調整剤

グリチルリチン酸2K:抗炎症

トコフェロール:酸化防止剤

ジカプリル酸ピリドキシン:肌荒れ防止

ビフィズス菌発酵エキス:保湿

シャクヤク根エキス:保湿

メチルパラベン:防腐剤

プロピルパラベン:防腐剤

ブチルパラベン:防腐剤