エイジングケアシリーズ フェイスクリーム

エイジングケアシリーズ フェイスクリームの全成分表示の見方

今回はキュレル エイジングケアシリーズ フェイスクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

エイジングケアシリーズ フェイスクリームの全成分表示の見方

キュレル エイジングケアシリーズ フェイスクリームの全成分表示は以下の通りです。

アラントイン、水、ジメチコングリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドスクワランBGジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)アスナロエキスラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、POE・ジメチコン共重合体、架橋型ジメチコン、水溶性ショウキョウエキス(K)、ユーカリエキスラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・オクチルドデシル)、パルミチン酸デキストリン、硫酸Mg、コハク酸、水酸化ナトリウム液、イソステアリルグリセリルエーテル、パラベン

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

キュレル エイジングケアシリーズ フェイスクリームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、キュレル エイジングケアシリーズ フェイスクリームは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

キュレル エイジングケアシリーズ フェイスクリームの有効成分はアラントインです。

アラントインは抗炎症作用を持つことから、キュレル エイジングケアシリーズ フェイスクリームは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適したクリームだと考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

グリセリン:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を3つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド:擬似セラミドであり、セラミドに似た構造であるため保湿力に優れています。

BG:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

アスナロエキス:保湿剤

水溶性ショウキョウエキス(K):保湿剤

ユーカリエキス:セラミド生産量増加作用

硫酸Mg:保湿、血行促進

皮膚の水分量の約80%は細胞間脂質であるセラミドが維持しています。

キュレル エイジングケアシリーズ フェイスクリームは擬似セラミドを配合していることから保湿効果の高いクリームだと考えられます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

ジメチコン(シリコン):感触改良剤

スクワラン(炭化水素):エモリエント剤

ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル):抱水性の高いエモリエント剤

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)(エステル):セラミドに似た働きを持つため、高い保湿効果があります。

ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)(エステル):セラミドに似た働きを持つため、高い保湿効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジイソステアリン酸ポリグリセリル:乳化剤

POE・ジメチコン共重合体:乳化剤

架橋型ジメチコン:感触改良剤、ソフトフォーカス効果(光散乱効果によってシワや毛穴を目立たなくする)

パルミチン酸デキストリン:増粘剤、ゲル形成剤

コハク酸:pH調整剤、収れん作用(肌を引き締める効果)

水酸化ナトリウム液:pH調整剤

イソステアリルグリセリルエーテル:乳化剤

パラベン:防腐剤