コレステロール イメージ

コレステロールの種類と働き

コレステロールは脂質の一種で細胞膜の構成成分としての役割を持っています。

一方で、血液中のコレステロールが増加し過ぎると動脈硬化や脂質異常症の原因になります。そのため、血液中のコレステロール値を気にしている人は少なくないと思います。

コレステロールには悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールと善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールがあり、健康を維持するためにはHDLコレステロールを下げずに総コレステロール値を下げることが重要であると考えられます。

コレステロールの種類と働き

コレステロールには細胞膜の構成成分としての役割の他に、性ホルモンや副腎皮膚ホルモン、胆汁酸の材料としての役割があります。

コレステロールはリン脂質やタンパク質とともにリポタンパク質を構成して血液中に存在しています。

その内、LDL(低密度リポタンパク質)はコレステロールを肝臓から末梢組織へ運ぶ働きをし、HDL(高密度リポタンパク質)はコレステロールを肝臓に戻す働きをします。

体に必要なコレステロールの約8割は体内で合成されており、食事からの摂取量が多い場合、体内での合成量が減るように調節されています。しかし、血液中のLDLコレステロールが過剰になると動脈硬化や脂質異常症につながります。

LDLコレステロールとHDLコレステロール

LDLコレステロールは酸化しやすい性質があり、酸化したLDLコレステロールが増加し血管壁に溜まり過ぎると動脈硬化につながります。

一方、HDLコレステロールは余分なコレステロールを掃除する働きがあります。HDLコレステロールが不足すると細胞膜や血管が弱くなったり、免疫力の低下の原因となります。

そのため、LDLコレステロールの増加を防ぎ、HDLコレステロールを低下させずに総コレステロールを下げることが重要であると考えられます。

LDLコレステロールの増加を防ぐ方法

脂質の構成成分である脂肪酸には様々な種類があり、脂肪酸の種類によって体内での働きが異なります。

そのため、脂肪酸の種類と働きを知り、脂肪酸をバランス良く摂取することがLDLコレステロールの増加を防ぐことに繋がると考えられます。

脂肪酸は水素と炭素が結合し鎖状になった炭化水素鎖(R)の一方の端にカルボキシル基(-COOH)が結合した構造をしており、一般式R-COOHで表されます。

脂肪酸は二重結合の有無で飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸

上記の図のように炭素(C)-炭素(C)の間に全く二重結合が無い脂肪酸を飽和脂肪酸と言います。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

上記の図のように炭素(C)-炭素(C)の間に二重結合を持つ脂肪酸を不飽和脂肪酸と言います。

さらに、不飽和脂肪酸の内、二重結合が1個のものを一価不飽和脂肪酸、2個以上のものを多価不飽和脂肪酸と言います。

そして、多価不飽和脂肪酸の内、何番目の炭素鎖が二重結合しているかによってn-3系n-6系などに分類されます。

以下の表に脂肪酸の種類と働きをまとめました。

脂肪酸の種類と働き

脂肪酸の種類と働き 表

上記の表からわかる通り、脂肪酸の種類によって体内での働きは異なっています。

飽和脂肪酸はエネルギー源となる重要な役割がありますが、血液中の中性脂肪やコレステロールを増やす働きがあるため採り過ぎには注意が必要です。

また、多価不飽和脂肪酸(n-6系)のリノール酸やアラキドン酸は採り過ぎるとHDLコレステロールが低下してしまい、動脈硬化やアレルギーを招きます。

一方で、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸はHDLコレステロールを低下させずに総コレステロールを下げる働きがあり、これによってLDLコレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化の予防につながります。

そして、多価不飽和脂肪酸(n-3系)のα-リノレン酸やエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)は心疾患やアレルギーを予防する働きがあります。

これらのことから、LDLコレステロールの増加を防ぐためには、飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸(n-6系)のリノール酸やアラキドン酸を含む食品の過剰摂取を控え、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸や多価不飽和脂肪酸(n-3系)のα-リノレン酸やエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)を含む食品をより摂取することが重要であると考えられます。

また、体に必要なコレステロールの約8割は体内で合成されていることから、食生活を見直すことによってLDLコレステロールの増加を防ぐのと同時に、体内でのLDLコレステロールの合成を促進する原因となる食べ過ぎに注意することが重要であると考えられます。

*コレステロール対策サプリとしてレイデルポリコサノール10がおすすめです。

レイデルポリコサノール10

消費者庁に受理された機能性と安全性「ポリコサノール10」

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG