ユースラディアント クレンジング オイル

A/O+ P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイルの全成分表示の見方

今回はA/O+ P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイルの全成分表示の見方について書いていきます。

A/O+ P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイルの全成分表示の見方

A/O+ P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイルの全成分表示は以下の通りです。

トウモロコシ胚芽油、パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸イソプロピル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ポリブテンジオレイン酸ポリグリセリル-10、ジカプリン酸ポリグリセリル-6、オレイン酸ポリグリセリル-2フェノシキエタノール、リモネン、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ジカプリリルエーテル、炭酸ジカプリリル、トコフェロール、リナロール、ダイズ油クエン酸ステアリン酸グリセリル、グリセリン、水、チャ葉エキス、ワサビノキ種子エキス、リン酸2Na、クエン酸、パパイア果実エキス、ソルビン酸K、香料

洗浄力:上の中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤
  のマーカー:エモリエント剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

A/O+ P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイルは溶剤型のオイル系クレンジング料です。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

クレンジングオイルに配合されている油は主に炭化水素、エステル、油脂に分けられます。

洗浄力の強さは炭化水素系>エステル系>油脂系です。

トウモロコシ胚芽油:油脂

パルミチン酸エチルヘキシル:エステル

ミリスチン酸イソプロピル:エステル

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル:エステル

ポリブテン:炭化水素

A/O+ P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイルの主な洗浄成分は油脂、エステル、炭化水素であることから、洗浄力は上の中程度だと考えられます。

油脂は皮脂の構造と近いため、油脂系クレンジングオイルは使用後に乾燥しにくい特徴があります。

A/O+ P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイルの主な洗浄成分は配合率の高い順から油脂、エステル、炭化水素であるため、比較的肌に優しいクレンジングオイルだと考えられます。

洗浄補助剤は  のマーカーで示した成分です。

ジオレイン酸ポリグリセリル-10、ジカプリン酸ポリグリセリル-6、オレイン酸ポリグリセリル-2(非イオン界面活性剤):油で化粧(油性成分)を浮かせた後、水で流す際に水と油を混ぜて洗い流すために配合されています。

ワサビノキ種子エキス:汚れ吸着剤

パパイア果実エキス:ピーリング剤

エモリエント剤は  のマーカーで示した成分です。

ラウロイルサルコシンイソプロピル:エステル

ジカプリリルエーテル:エーテル

炭酸ジカプリリル:エステル

ダイズ油:油脂

その他の成分の特徴は以下の通りです。

フェノキシエタノール:防腐剤

リモネン:香料

トコフェロール:酸化防止剤

リナロール:香料

グリセリン:保湿剤

水:溶剤

チャ葉エキス:保湿、抗酸化、消臭、美白

リン酸2Na、クエン酸:pH調整剤

ソルビン酸K:防腐剤